2022年07月28日公開

日本訪問歯科協会 認定医講座

摂食嚥下リハにおける代償的介入方法

(15 件のレビュー)

セミナーのお申込みは終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

67,000 (税込 73,700)

(15 件のレビュー)

詳しいセミナー内容やサンプル動画をご用意しています。
サンプル動画を見る

商品コード: dr095 カテゴリー: , ,

摂食嚥下リハにおける代償的介入方法」への15件のレビューをご覧ください

  1. T.T. (承認)

    施設からの問い合わせが多いことが、解かりやすくまとめられており参考になりました

  2. M.Y. (承認)

    PPNとTPNの違い、HPNが有る事など一概に代替栄養法についてこの講座で良く分かりました

  3. T.U. (承認)

    姿勢の重要性、円背の口腔周囲筋の状態が理解できた

  4. R.M. (承認)

    食形態へ特徴と病態に応じた対処法について学べた

  5. M.S. (承認)

    歯科医師向けでもあり多職種向けにも優しい口調で聞きやすかったです

  6. K.M. (承認)

    嚥下補助装置はPAPは作製したことがありますが、あとの物は全く作ったことがありません。それとNg法、PTEG法、PEG法、D-PEJ法、PPN,TPN,HPNなど使い慣れないと混乱しそうです。PTEG法などは見たことがありません

  7. A.N. (承認)

    食事の姿勢、環境を整える事が大切だということ

  8. M.O. (承認)

    多職種と連携するうえで必要な知識が良くまとまってよく理解できる

  9. R.M. (承認)

    非常に聞きやすい講義でした。高齢者の食事風景を思い出しつつ、姿勢などの問題点を再確認しました。食具について具体例参考にさせていただきます。増粘剤の変遷キサンタンガム系以降がまだ出ていないことも確認できました。チョコレートについては盲点でした

  10. K.O. (承認)

    代償的介入はほとんどのケースで応用される方法だと思っています。基本から丁寧に説明していただき、わかりやすかったです

  11. E.I. (承認)

    嚥下補助装置の区別がわかりました

  12. Y.T. (承認)

    食事形態について少し詳しく知れたのが良かったです

  13. T.A. (承認)

    摂食時の姿勢調整や食器、食具などの選択が非常に分かりやすかったです

  14. M.S. (承認)

    食器や食具もいろいろなものが出ていて勉強になった

  15. A.H. (承認)

    栄養の話はなかなか歯科のセミナーでは受講しにくいかと思います。訪問診療を行う上で必要な知識として学ぶことができ非常にありがたかったと思います

このように、多くの方から高評価を得ている内容となっています。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

医療法人社団登豊会近石病院 歯科・口腔外科 部長 中澤悠里先生

講座内容

1.摂食時の姿勢
2.食器・食具・自助具の選択、食事介助
3.食事形態の調整、調理の工夫
4.嚥下補助装置
5.代替栄養法

受講形式

WEBセミナー

視聴期間

公開開始:2022年7月28日(木)12:00
視聴期限:2022年8月27日(土)12:00
※30日間視聴延長のお申し込みで、視聴期限が2022年9月26日(月)12:00まで延長されます。

視聴方法

視聴期間内に、視聴ページからご視聴いただきます。
※お申込み後、すぐにご覧いただけます。
※視聴期間中は、何度でもご覧いただけます。
※視聴ページURLは、お申し込み完了メールでご案内いたします。
※講師への質問は、視聴ページの質問フォームから送信してください。

研修ポイント

3ポイント
※研修ポイントの付与は、アンケートを提出された方に限ります。
※アンケートは視聴ページからお答えいただきます。

《研修ポイント付与にはアンケート送信が必要です》
講座各部で表示される受講キーワードを送信いただくことで「受講の証」とし、研修ポイントを付与いたします。
アンケート未送信、または送信された受講キーワードに不備がある場合、研修ポイントは付与いたしかねます。
あらかじめご了承ください。