JR東京総合病院 総合診療科 医長 米永一理先生

2020年03月26日開催

在宅療養支援制度を把握した上で有病者の急変時に備える方策

(21 件のレビュー)

セミナーのお申込みは終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

商品コード: dr068 カテゴリー: ,

在宅療養支援制度を把握した上で有病者の急変時に備える方策 に対するレビュー21件

  1. A.H. (承認)

    知っている内容に関しては復習できた。また知らない内容もあり勉強になりました。

  2. M.O. (承認)

    難しかった。1回では理解できない内容であった。

  3. E.I. (承認)

    「ときどき入院、ほぼ在宅」が心に残りました。

  4. R.M. (承認)

    知っているようであやふやだった訪問看護のルールがよくわかりました。救急救命処置については、救急救命士に的確に伝えられるだけの力ぐらいは持てるために復習していきます。糖尿病連携手帳に記載をしていけるようスタッフと連携していきたいと思います。

  5. A.F. (承認)

    面白かった

  6. A.K. (承認)

    全体的に良かった。

  7. T.M. (承認)

    ほとんど聞いたことがない話ばかりだったので、とても参考になりました。

  8. M.Y. (承認)

    非常にためになりました。

  9. K.U. (承認)

    難しい内容でしたが、面白くお話しいただいたので、もっと勉強したいと思いました。

  10. M.S. (承認)

    聞きやすいので全部がためになりました。

  11. N.K. (承認)

    内容が少し難しい印象でしたが、とても勉強になりました。

  12. N.K. (承認)

    救急処置について学ぶことが良かった。

  13. K.F. (承認)

    他の文献からそのままコピーではなく、先生の知見を元に改変してあり、とてもよかった。

  14. G.N. (承認)

    疾患別対応法について詳しく知れてよかったです。

  15. K.T. (承認)

    なかなか馴染めない内容で難解でしたが、今後、理解に努めていきたい。

  16. S.F. (承認)

    実際の動画での使用方法が役に立ちました。

  17. Y.K. (承認)

    救急患者を診る際に最も重要なこと;病態を正確に評価し、標準化された手順で、適切な蘇生処置を施行する。定期的な訓練を行う。リアルタイムで記録を記載すること。

  18. S.H. (承認)

    医科での基礎検査の部分、とくに栄養状態での血液検査の値など非常に興味深いものがありました。

  19. K.H. (承認)

    胃瘻の患者さんは診ているが、内科的視点ではみていなかったので勉強になりました。

  20. T.T. (承認)

    緊急時の対応については、わかっているつもりでも繰り返し復習して、常々意識を高めておく必要があると感じました。

  21. M.Y. (承認)

    訪問歯科医師も内科的疾患に罹り全身状態の悪い患者さんを診る事が多くなった。米永先生の内科的病気についてのわかり易い解説が良かった。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

JR東京総合病院 総合診療科 医長 米永一理先生

公開日時

2020年3月26日(木)12:00

受講形式

WEBセミナー