:東京歯科大学短期大学 歯科衛生学科 准教授 菅野亜紀先生
:東京歯科大学短期大学 歯科衛生学科 准教授 菅野亜紀先生

2020年12月24日公開

日本訪問歯科協会 認定訪問歯科衛生士講座

オーラルフレイルの理解 ~訪問歯科衛生士はフレイル対策にどこまで関われるか~

(12 件のレビュー)

セミナーのお申込みは終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

商品コード: dh067 カテゴリー: , ,

オーラルフレイルの理解 ~訪問歯科衛生士はフレイル対策にどこまで関われるか~ に対するレビュー12件

  1. A.N. (承認)

    症例であったようにしっかりと噛める咬合で食事ができれば外見も変わってくるという事に感動しました。患者さんの口腔内だけで無く、外見や栄養状態などいろんな面から評価していけるようになりたいと思いました。フレイルの早期発見・対策に努めていきたいです。

  2. Y.A. (承認)

    私たち歯科衛生士がオーラルフレイルの早期発見をすることによって、フレイル対策にも繋がるとのこと。しっかり知識をつけて早期発見をしていきたいと思いました。

  3. Y.K. (承認)

    我々がフレイル対策に関わるには、栄養の知識を高めるとともに、日常生活の中で食べる、話す、歯を磨く等といった動作の注意深い観察から、口腔機能の変化を見いだせるようになることが重要となる。

  4. S.H. (承認)

    オーラルフレイルとサルコペニアの比較対象が面白かった。

  5. T.M. (承認)

    詳しく説明されていたので、内容がとてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

  6. Y.K. (承認)

    オーラルフレイルと口腔機能低下症の違いがあいまいになっていたのでしっかり違いが理解できました。

  7. H.U. (承認)

    栄養障害を疑う口腔内所見を学べて、明日からさっそく活用できそう。

  8. Y.N. (承認)

    栄養に関して衛生士でもできる事を学ばせていただきました。

  9. F.M. (承認)

    口腔機能へ注目して訪問する。診療室でも、口腔機能へ関心を向けてもらえるようなアプローチする必要性を感じました。予防にシフトすることが大切であると改めて感じました。

  10. T.F. (承認)

    オーラルフレイルと口腔機能低下症の話がうまくまとまめられていて良かったと思います。

  11. S.K. (承認)

    オーラルフレイルに関して改めて理解を深めることのできるきっかけとなりました。どうしても口腔機能に飲み着目してしまい、視野が狭くなっていたので全身状態も含めて栄養に関する知識も増やしていけたらと感じました。

  12. N.A. (承認)

    口腔機能の観察力の大切さ、栄養に関しての知識が必要との事。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

東京歯科大学短期大学 歯科衛生学科 准教授 菅野亜紀先生

講座内容

第1部:オーラルフレイルの基本知識
第2部:在宅でのアセスメント

受講形式

WEBセミナー

視聴期間

公開開始:2020年12月24日(木)12:00
視聴期限:2021年1月23日(土)12:00
※30日間視聴延長のお申し込みで、視聴期限が2021年2月22日(月)12:00まで延長されます。

視聴方法

視聴期間内に、視聴ページからご視聴いただきます。
※お申込み後、すぐにご覧いただけます。
※視聴期間中は、何度でもご覧いただけます。
※視聴ページURLは、お申し込み完了メールでご案内いたします。
※講師への質問は、視聴ページの質問フォームから送信してください。

研修ポイント

3ポイント
※研修ポイントの付与は、アンケートを提出された方に限ります。
※アンケートは視聴ページからお答えいただきます。

《研修ポイント付与にはアンケート送信が必要です》
講座各部で表示される受講キーワードを送信いただくことで「受講の証」とし、研修ポイントを付与いたします。
アンケート未送信、または送信された受講キーワードに不備がある場合、研修ポイントは付与いたしかねます。
あらかじめご了承ください。