NPO法人健口サポート歯るる 副理事長 平松満紀美先生

2018年02月25日開催

こんなときどうする?歯科衛生士のお困りごとQ&A~訪問歯科診療における歯科衛生過程と思考プロセス~

お申込みは終了しました。

商品コード: dh037 商品カテゴリー: ,

「学会やセミナーなどで他の歯科衛生士の症例を聞いても、自分の担当症例に応用するのは難しい…」。なぜでしょうか…?
問題解決のカギとなるのが、歯科衛生過程です。訪問診療ではまだまだ確立されていない思考ツールですが、日々の訪問で生じる疑問や不安は、この歯科衛生過程の思考プロセスで解決することができます。
今回の講座では、訪問歯科衛生士がおさえておくべき歯科衛生過程の知識を、身近な症例をとおして解説します。

講師からのメッセージ

セミナー内容の一部をご紹介すると

  • 歯科衛生過程とは
  • 歯科衛生過程 6つの構成要素とその内容
  • なぜ、訪問において歯科衛生過程が重要なのか
  • すぐに介入計画を立てていませんか?歯科衛生士が陥りやすい考え方
  • 歯科衛生過程のあらゆる場面で必要な「クリティカルシンキングの視点」とは
  • 要注意!インターネットを利用した情報収集
  • こんなときどうする?症例をとおして考える具体的な口腔ケアプロセス
  • 多職種連携の実情とヒント

講座抄録

歯科衛生過程とは・・・事実情報から物事全体をとらえる科学的な思考である。
クリティカルシンキングの視点を持ち、得られた情報や他人の意見、そして自分の考えを問い直し、そこから理論的・創造的に考え答えを出すこと。
(医歯薬出版:歯科衛生過程より抜粋)

訪問歯科衛生士として経験が浅く、情報を得るためにネットで下調べしていませんか?貴方(歯科衛生士)を必要とする方は、ネット情報等の患者さんと瓜二つですか?

貴方(歯科衛生士)に口腔を預けてくださる方は、あなたを頼りにし、口腔および
全身を預けてくださっています。

ネット情報に頼ることなく、目の前の対象者の情報に耳を傾け、現状を評価し、本人・家族・多職種と連携を取りながら、現状を評価、情報処理(整理・分析)、対象者の問題解決のための介入方法を考え、短期目標を設定することで、一つ一つの問題点をクリアしていきます。また、その過程を書面として記録することも重要です。

今回の講座では、訪問の場面で有用な歯科衛生過程(口腔ケアプロセス)を具体的に解説致します。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

NPO法人健口サポート歯るる 副理事長 平松満紀美先生

会場

東京:ソラシティ カンファレンスセンター Room B
名古屋:安保ホール 101
大阪:松下IMPビル B会議室

開催日時

2018年2月25日(日)9:30~12:30

受講形式

オンライン受講, 名古屋会場受講, 大阪会場受講, 東京会場受講

お申込みから参加まで

参加票のお届け

銀行振込の方は、ご請求書・参加票・会場案内をお送りいたしますので、期限までに指定口座へ参加費をお振込みください。クレジットカード払いの方は、お客様の決済確認後に参加票・会場案内をお送りいたします。

参加当日

参加票は受付の際に必要になります。忘れずにお持ちください。当講座・セミナー・研修会の撮影・録音は、個人の使用目的も含め、固くお断りしております。

【オンライン受講の方】
オンライン受講を選択された方は、マイアカウントの「配信イベント」に当講座の視聴ページへのリンクが表示されます。講座開始時間までに視聴ページへアクセスしてください。

キャンセルについて

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。

キャンセルされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたしますので、申し込み前に必ずご確認ください。

キャンセルのご連絡はこちらから>>

キャンセル料

  • 前日のキャンセルまたは当日の不参加:参加費の100%
  • 開催日の前日より8日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の50%
  • 開催日の前日より15日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の30%
  • 開催日の前日より16日目にあたる日以前のキャンセル:無料

返金方法について

キャンセルのご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

上記キャンセル料を差し引いた金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。