多職種連携ミールラウンド・コンプリートセット

¥52,600 (税込:¥56,808
¥49,800 (税込:¥53,784
¥0 (税込:¥0
商品カテゴリー: ,

実録!潜入DVD「ミールラウンド実践マニュアル」

実録!潜入DVD「ミールラウンド実践マニュアル」

ミールラウンドに参加されていますか?

「施設の高齢者の64%が摂食嚥下障害を抱えている」という厚労省の報告書があります。

しかし、平成25年度に行われた実態調査によれば、経口維持加算を算定している施設は、全体のわずか2割。

取り組みが進まなかったわけは、「算定の単位数が低い」「嚥下機能を評価できない」「VE/VF検査を実施してくれる連携先がない」でした。

そこで、平成27年度の介護報酬改定では、単位数が大幅に引き上げられ、VE/VF検査は必須ではなくなりました。

施設が取り組む際のハードルが、ぐっと低くなったのです。

そのかわり、歯科を含めた多職種による「ミールラウンド」が重視されるようになりました。

ミールラウンドでは、口腔機能の評価、摂食嚥下機能の評価などが行われますが、歯科の介入なしではできないことがたくさんあります。

今、多くの介護保険施設は、「経口維持加算」に協力してくれる歯科医院を求めています。

歯科が算定する「栄養サポートチーム連携加算2」

ミールラウンドに参加することで歯科が算定できるのは、「歯科疾患在宅療養管理料」、「在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料」に加算する「栄養サポートチーム連携加算2(NST2)」です。

施設でのミールラウンドに参加し、管理計画を策定することで、月に1回、80点が算定できます。

施設が「経口維持加算(Ⅱ)」を算定していない場合でも、算定することができます。

患者さんの食事の様子が見られるミールラウンド

「調整した義歯がうまく使えているだろうか」

「どんな風に食べているのだろうか」

日常の臨床の中で疑問に思っていても、食事時に訪問して食べているところを見せてもらうのは、なかなか難しいものです。

しかし、ミールラウンドに参加することで、観察することができるのです。

ここで、この動画をご覧になった方の声をお聞きください

ミールラウンドで施設との連携強化

歯科医師が介入し、ミールラウンドを行うことで、患者さんの栄養状態が改善されるという報告書があります。

施設スタッフが経口摂取支援に取り組むモチベーションは

「利用者さんやご家族に喜んでもらえた」

「ご本人の栄養状態が改善した」

ということです。

実際に患者さんの栄養状態が改善すれば、「この先生ならお願いして大丈夫」

と施設スタッフからの信頼が厚くなります。

それが、新しい患者さんの紹介へつながっていきます。

このDVDの収録内容をご紹介すると・・・

  • 第1章 経口摂取支援の必要性
    • 介護保険施設の人の栄養状態の実際
    • 経口摂取を維持することの重要性
    • 多職種連携による連携がもたらすもの
  • 第2章 ミールラウンドで歯科医師・歯科衛生士に求められるもの
    • ミールラウンドの流れ
      • 多職種での情報共有
      • ミールラウンドの実施
      • 多職種カンファレンス
      • 栄養ケアマネジメントの計画書作成
    • 歯科医師に求められる視点
      • 栄養・代謝に関する知識と理解が必須
    • ミールラウンドで歯科医師が実際に行っていること
      • 食事前の状態の観察
      • 咀嚼、嚥下状態に応じた食形態かどうか
      • 水分量は足りているか
      • 認知機能に応じた食事介助がなされているか
    • 目標は食欲増進をはかりQOLを向上させること
  • 第3章 ミールラウンドの対象者とスクリーニング検査
    • 経口維持加算の対象者とは
      • 条件1 現に経口により食事を摂取している
      • 条件2 摂食機能障害がある
      • 条件3 誤嚥がある
      • 条件4 特別な管理が必要である
    • 水飲みテストの方法と評価基準
    • 改訂水飲みテストの方法と評価基準
    • 食物テストの方法と評価基準
    • 頸部聴診法の聴診音と疑われる嚥下障害
    • 口腔衛生状態の把握
  • 第4章 食事観察の要点
    • 食事前の観察
      • 食事に集中できない要因の有無
      • 食器、食具の選択は適切か
      • 覚醒しているか
      • トイレに行きたがっていないか
      • 口腔内、口の周辺、上肢、下肢の状態を確認
      • 座位姿勢の安定
    • 食事中の観察
      • いつ、むせたか
      • 何を食べてむせたか
      • どんな強さでむせたか
      • どんな量・食べ方でむせたか
    • ポイント 喉の動きに注目
  • 第5章 食事中の「特別な管理」
    • 特別な管理
      • 食事環境の調整
      • 食事姿勢の調整
    • ポイント なるべく座位で
    • ポイント 高すぎるテーブルの弊害
    • 実行機能と動作の調整
    • ポイント 一口の量が多すぎる? 少なすぎる?
    • 嚥下機能低下への配慮
    • ポイント 咽頭残留のクリアランス
    • 介助方法の見直し
    • ポイント 食事の量を増やすか、回数を増やすか
    • 義歯を入れるタイミング
    • 経口維持計画書の作成
  • 第6章 口腔リハビリ
    • 嚥下反射をうながす:アイスマッサージ
    • 声帯閉鎖、喉頭閉鎖の改善:プッシング・プリングエクササイズ
    • 喉頭の前方運動、食道入口部開大の改善:シャキアエクササイズ
    • シャキアエクササイズが難しい人に:おでこ押し体操
    • 座位保持訓練・歩行訓練
    • ポイント 口腔リハビリの第一歩は離床から
  • おわりに
    • 支援の形は100人いれば100通りある

などなど。
盛りだくさんの内容となっています。

監修者は厚生労働省のマニュアル作成に参画された糸田先生

糸田先生は、厚生労働省の「多職種経口摂取支援チームマニュアル」の作成に協力されました。

このDVDでは、長年、ミールラウンドを実践してきた糸田先生ならではの視点が体系的に整理され、わかりやすく解説されています。

ミールラウンドの基礎知識、スクリーニング検査の方法、食事前や食事中に患者さんのどこを観察するのか、多職種のカンファレンスの進め方など、具体的に解説されているので、文章と写真だけの本では伝わりにくいことが、すんなりと頭に入ってきます。

このDVDをみることで得られるメリットをあげるなら・・・

  • ミールラウンドに必要な知識を再チェックできる
    経口摂取を維持する重要性、ミールラウンドの流れ、スクリーニング検査の方法、食事前、食事中のミールラウンドのポイント、他職種が歯科医師、歯科衛生士に求めていることなどが詳細に紹介されています。
  • 患者さんの危険な状態を見極めるポイントが学べる
    患者さんの口腔機能を評価するうえで見逃してはならないのが、食後の痰がらみの咳。これが最も危険な状態。患者さんが「いつ、何に、どのくらいの強さ」でむせているのか。その見極めのポイントが詳しく解説されています。
  • 義歯を入れるタイミングがわかる
    リハビリによって食形態があげられそうな患者さんの場合、「いつ義歯をいれるか」が大切になります。どのような状態なら進めて大丈夫なのか。そのタイミングが確認できます。
  • 多職種カンファレンスの流れがわかる
    施設に行っても口腔ケアだけで終わってしまい、多職種とゆっくり話す機会がない・・・。このDVDでは、ミールラウンドの実際の流れがおさめられているので、カンファレンスの様子、お互いにどのような話をしているかが具体的に理解でき、実践に活かすことができます。
  • 施設のスタッフからさらに信頼されるようになる
    歯科医師がミールラウンドに参加して、食形態や食事内容を提案することで、患者さんの体重があがり、QOLもアップするという調査結果があります。「この先生が来てくれたおかげで、患者さんの状態がよくなった」と評判になれば、さらに新しい利用者さんを紹介してもらったり、信頼度もあがります。

さらに、DVDである利点として・・・

  • 短時間で何度でも勉強できる
    このDVDは65分間のものです。
    自院の勉強会の教材として使えば、新人のドクターが早く訪問に独り立ちできる研修教材としてご活用いただけます。
    また、歯科衛生士さんに見てもらえば「ミールラウンドでは歯科衛生士は、この点を見逃してはいけないのだ」とスタッフ全員のレベルが上がります。DVDの良いところは、何度でも繰り返し見られること。このDVDで勉強してから訪問診療に行くと、多職種連携への壁が低くなったことを実感するでしょう。そして、半年後に、もう一度見ることで、自分の仕事を振り返り、さらに習熟度をアップさせることができます。

特典映像 ミールラウンドの現場に入り込む

このDVDには特典映像としてミールラウンドの実際の現場の映像が入っています。

患者さんの観察ポイント、ミールラウンドの進め方、カンファレンスの様子を詳しく、一つずつていねいに説明しています。

このDVDを見れば、あなたもその場にいて、参加しているように流れを把握することができることでしょう。


多職種連携のためのプロ向け勉強会用コンテンツ集 摂食嚥下(摂食機能療法)

■多職種連携のためのプロ向け勉強会用コンテンツ集 摂食嚥下(摂食機能療法)

「勉強会のコンテンツ集? またか・・・」

実は、このDVDを手に取った先生が、最初は、そう思ったそうです。
ところが、見終わったあとの感想は、
「とにかくスライドが素晴らしい。動画も素晴らしい。実際の体の動き、摂食嚥下が手に取るようにわかる。『多職種連携における歯科の経口摂食支援』のタイトルどおり、コンセプトがしっかりしているので、観るたけで全ての人が理解できる。」 でした。

内容についてご紹介する前に・・・
この「摂食嚥下(摂食機能療法)」をご覧になった方の声をお聞きください

このコンテンツ集ならではの5つの特徴

Point1 準備不要 届いたその日から使える勉強会用スライド

勉強会の準備はいりません。スライド(パワーポイント、キーノート)なので、そのままプロジェクターでスクリーンに映してお使いになれます。大人数の講習会にもご活用いただけます。

Point2 退屈な勉強会にさよなら アニメーション、動画に目が釘づけ

5期モデルのアニメーションや筋ストレッチのCG画像、リハビリ訓練の動画が盛り込まれているので、内容が一目でわかります。摂食嚥下の基礎知識から、誤嚥性肺炎への理解を深める手助けとなります。

Point3 必要なテーマを素早く検索、抜き出せる

1本の映像だと、観たいところまで早送りして探すなど面倒な作業が必要ですが、この教材は1枚1テーマのスライドなので、必要な部分だけ素早く検索できます。また、一部分だけ抜き出して使用したり、プリントして資料用に配布することができます。

Point4 原稿不要 シナリオ付きのスライド

パワーポイントを開くと画面下部にシナリオが表示されます。スライド解説はシナリオを読み上げればOK。あらかじめ、原稿を準備する必要もありません。

Point5 スライドは自由に変更・加工が可能

データにはコピーガードロックをかけておりません。使用目的に合わせて、自由に編集・加工できます。たとえば、自院のお名前や案内を差し込むことで、勉強会用のツール、先生のご講演のスライドショーなどにお役立ていただけます。

このDVDの収録内容をご紹介すると・・・

Section1 摂食嚥下機能と誤嚥

  • 口から食べるしくみ「摂食嚥下機能」とは?
    • 動画でみる5期モデル
  • 高齢者の生死にかかわる3つの「誤嚥」
    • 嚥下前誤嚥
    • 嚥下中誤嚥
    • 嚥下後誤嚥
  • なぜ誤嚥してしまうのか?
    • 機能的障害(神経・筋機能の問題):脳梗塞の後遺症、パーキンソン病など
    • 器質的障害(口腔・咽頭・喉頭の解剖学的構造の問題):腫瘍などの疾患や手術による形態障害
    • 神経心理学的障害(摂食行動の障害):認知症による脳、精神機能の異常など
  • 嚥下反射
  • 摂食嚥下障害を発生学的にみると
    • 誤嚥するのは人間だけ
    • 肺を動かすには頸や胸の筋肉が必要
    • 舌を支配する多くの神経

Section2 経口摂食支援の概要

  • 誤嚥性肺炎を防ぐ3つの柱
    • ミールラウンド・経口維持計画
    • 口腔ケア
    • 口腔リハビリ
  • 多職種連携での歯科の役割
  • 口から食べる支援「経口摂食支援」
  • 経口摂食支援の進め方
    • 摂食嚥下機能アセスメント
    • 経口維持計画の作成、実施
  • 外来診療と訪問歯科診療の違い

Section3 摂食嚥下機能のアセスメント

  • 摂食嚥下機能のアセスメントの目的
    • 目的:摂食嚥下機能の評価、誤嚥の有無のスクリーニング
    • ポイント:全身状態の評価、口腔内の状態の評価、嚥下機能の評価
  • 摂食嚥下機能のアセスメントの流れ
  • 口腔衛生状態を把握する
  • 口腔機能の評価
    • 口がどの程度開くか
    • 口角は下がっていないか
    • 舌が左右どちらかに寄っていないか
    • 舌を伸ばせるか
    • 発声は十分か
    • 咬む力は十分か
    • 口腔内の感覚に異常はないか
  • ミールラウンド(食事環境のチェック)
  • ミールラウンド(食事観察)
  • 動画でみるスクリーニング
    • 反復唾液嚥下テスト RSST
    • 改訂水飲みテスト①
    • 改訂水飲みテスト②
    • 頸部聴診法
  • カンファレンスとは
  • 摂食嚥下の問題点を把握する
  • 食べやすい食事、食べにくい食事

Section4 経口摂食支援 口腔ケア・口腔リハビリ

  • 口腔ケアの重要性
  • 動画でみる間接訓練
    • アイスマッサージ
    • プッシング・プリング訓練
    • シャキア・エクササイズ
  • 動画でみる嚥下をスムーズにするストレッチ
    • 首のストレッチ
    • 肩のストレッチ
    • 口のストレッチ
  • 体操が困難な人への筋ストレッチ
  • CGでみる筋ストレッチ
    • 舌骨上筋群
    • 舌骨下筋群
    • 浅い咬筋
    • 深い咬筋
    • 胸鎖乳突筋
    • 棘上筋

Section5 経口摂食支援 安全に口から食べるには

  • 食事介助のポイント
  • 食事環境の整備(食器の工夫)
  • むせよりも危険!CGでみる咽頭残留物
  • 喉頭蓋谷の残留
  • 梨状窩の残留
  • 動画でみる安全が嚥下
    • 横向き嚥下
    • うなずき嚥下
    • 交互嚥下
    • 鼻つまみ嚥下
  • 窒息に気づいたら
  • こんなときは歯科に連絡・相談を!

などなど。
盛りだくさんの内容となっています。

このスライドを使うことで得られるメリットをあげるなら・・・

  • 準備が不要なので、気軽に勉強会をセッティングできます
    シナリオ付きのテキストがセットになっていますので、勉強会をされるときに、原稿を準備する必要がありません。また、ナレーションが入っておりますので、要所要所でナレーションを使用することも可能です。準備いらず、手間いらずで、勉強会に臨むことができるのです。
  • 施設のスタッフからさらに信頼され、患者紹介につながります
    歯科医師がわかりやすい言葉で経口摂食支援を提案することで、スタッフのケアがより的確になり、患者さんの体重があがり、QOLもアップするという調査結果があります。利用者さんの状態が良くなると、スタッフは喜びます。「あの人も先生に診てもらおう」と積極的な患者さん紹介につながります。
  • いつでもどこでも繰り返し使える教材です
    自院の新人研修に使用したり、施設での勉強会で手軽にお使いいただけます。一度観てから、半年ほど経って見直すなど、知識を再チェックするツールとして、最適です。
  • 活気あふれる勉強会が開催できます
    経口摂取を維持する重要性、ミールラウンドの流れ、スクリーニング検査の方法、間接訓練など、アニメーション、CG画像、動画が盛り込まれています。一緒にみながら動画のように実践してみたり、間接訓練の練習をするなど、座学だけでない勉強会にすることができます。

便利なダウンロード版もご用意

「ノートパソコンにDVD-DRIVEがついていない。勉強会の時に、外付けのDVD-DRIVEまで持っていくのはちょっと・・・」とおっしゃる先生もいらっしゃいます。ご購入いただくとマイアカウントからWindows版、Mac版ともにダウンロードすることができます。

2つの教材購入特典:5冊セット

料理が苦手な人でもつくれる 介護食入門講座(5,000円相当)

料理が苦手な人でもつくれる 介護食入門講座「介護が必要な妻のためにご飯を作りたい。でも何をどうしたらいいのか・・・」

老老介護の家庭で介護食を作るのは一苦労です。特に、ご婦人の介護をしているご主人は、手のかかるものは作れないと悩んでしまいます。

「退院後の介護食作りの悩みになんとかお応えしたい」。

米永先生は、管理栄養士や理学療法士などの他職種とともに、超簡単にざっくりと作れる介護食のレシピを考えました。その中から、コンビニやスーパーで購入できる材料を使った15レシピに絞ったのが、『介護食入門講座』です。

2つの教材を購入いただいた方への特典として、5冊プレゼントいたします。患者さんやご利用者に介護食のアドバイスをする資料としてぜひご活用ください。

返品保証はございません

「多職種連携ミールラウンド・コンプリートセット」はダウンロードコンテンツを含んている商品特性上、返品保証はございません。