2023年12月21日公開

日本訪問歯科協会 認定医講座

摂食嚥下介入の広げ方(口から社会へ)

(5 件のレビュー)

セミナーのお申込みは終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

67,000 (税込 73,700)

(5 件のレビュー)

詳しいセミナー内容やサンプル動画をご用意しています。
サンプル動画を見る

商品コード: dr112 カテゴリー: , ,

摂食嚥下介入の広げ方(口から社会へ)」への5件のレビューをご覧ください

  1. T.I. (承認)

    口腔環境の悪化が摂食をしないからということはわかっていましたが、口腔環境の改善を図る糸口として摂食を促すという考えがなかったので大変良い刺激になりました。ミールラウンドへの参加へのハードルが大きく下がったのも有難かったです。先行期へのアプローチの多さに驚かされました

  2. K.H. (承認)

    歯の欠損がOral frailに大きくかかわっている。外来は歯の欠損が大きな問題であるのに対し、訪問では顎・口腔の器質的・機能的問題や服用薬剤、サルコペニア等多くの因子がかかわってくる。刺激的なことは、「胃瘻患者の80%は経口摂取が可能である」ということ。また、SST(サクサクテスト)は即実行したいと思う。更に、3Dフードフルリンターも機会があれば、利用してみたいと思った

  3. J.G. (承認)

    先行期へのアプローチに悩んでいましたが、実は簡単に取り入れられる手段がいくつもある、と気づかされました。今後にいかしていきたいと思います

  4. K.K. (承認)

    一人の人との出会いで人生が変わる。そんなドクターになるべく研鑽していこう、と思える講義をありがとうございました。施設での介護食は正直、不味そうです。3Dプリンターの技術を使った、美味しそうな食の提供に感動しました

  5. M.K. (承認)

    食形態の大事さもですが、見た目や匂いなどの楽しみのプラスの大事さも知りました

このように、多くの方から高評価を得ている内容となっています。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

東京医科歯科大学大学院 摂食嚥下リハビリテーション学分野 講師 山口浩平先生

講座内容

1.まずは、口から!!歯科も関わる摂食嚥下リハビリテーションを理解する
2.口から社会へ、歯科としての摂食嚥下リハの広げ方

受講形式

WEBセミナー

視聴期間

公開開始:2023年12月21日(木)12:00
視聴期限:2024年1月20日(土)12:00
※30日間視聴延長のお申し込みで、視聴期限が2024年2月19日(月)12:00まで延長されます。

視聴方法

視聴期間内に、視聴ページからご視聴いただきます。
※お申込み後、すぐにご覧いただけます。
※視聴期間中は、何度でもご覧いただけます。
※視聴ページURLは、お申し込み完了メールでご案内いたします。
※講師への質問は、視聴ページの質問フォームから送信してください。

研修ポイント

3ポイント
※研修ポイントの付与は、アンケートを提出された方に限ります。
※アンケートは視聴ページからお答えいただきます。

《研修ポイント付与にはアンケート送信が必要です》
講座各部で表示される受講キーワードを送信いただくことで「受講の証」とし、研修ポイントを付与いたします。
アンケート未送信、または送信された受講キーワードに不備がある場合、研修ポイントは付与いたしかねます。
あらかじめご了承ください。