佐藤歯科医院 ラ・フランスオフィス 院長 佐藤勝史先生

2021年04月29日公開

日本訪問歯科協会 認定医講座

高度吸収顎堤症例に対する“吸着”下顎総義歯での対応法

(22 件のレビュー)

セミナーのお申込みは終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

商品コード: dr080 カテゴリー: , ,

高度吸収顎堤症例に対する“吸着”下顎総義歯での対応法 に対するレビュー22件

  1. T.S. (承認)

    下顎吸着義歯の作製に必要な印象採得時に注意すべき要点についてお聞きしましたが、その他様々に現在の症例に思い当たる点がいくつもあったので明日からの臨床にすぐに反映させたいとおもいました。

  2. M.S. (承認)

    以前から興味のあった佐藤先生の講義でしたので非常に勉強になりました。

  3. K.M. (承認)

    高度吸収額堤症例の下顎吸着総義歯は、いつもかなり難しいと思います。 

  4. Y.T. (承認)

    頭位によって吸着が変わることは知りませんで勉強になりました

  5. K (承認)

    具体的な対応方法が動画と共に供覧されて、非常にわかりやすく、有用でした

  6. H.M. (承認)

    下顎吸着義歯の印象の実際を知ることができ、日々の臨床に役立てることができます。ありがとうございました。自費の義歯セミナーに参加できた気分です。

  7. R.M. (承認)

    開口時の舌の位置、何気なく見ていただけでした。老人施設への往診の困難な時期、もっと早く知っていればなん症例苦労がなかったのにと思っています。

  8. A.O. (承認)

    印象採得の方法が大変参考になりました。

  9. T.A. (承認)

    日頃の臨床に役立つ内容でした。少しでも総義歯の患者様に吸着が得られるように頑張ろうと思います。

  10. T.W. (承認)

    下顎の吸着総義歯製作における印象採得テクニックはとても勉強になりました。日々の診療に少しでも取り入れられるよう精進したいと思いました。

  11. 山田 雅夫 (承認)

    対面印象のやり方がわかり易く動画で見れた事が解り易く良かった。

  12. M.M. (承認)

    実際の診療動画が見られてとても参考になった。

  13. M.O. (承認)

    吸着義歯をどのようにして作っていくかがわかった

  14. M.Y. (承認)

    非常にためになりました。

  15. M.S. (承認)

    顎堤が吸収されていても吸着が得ることができることがわかった。

  16. A.K. (承認)

    吸着と安定の違い

  17. E.I. (承認)

    辺縁封鎖のコツがわかりました。

  18. Y.A (承認)

    舌が後退する人への吸着義歯のための印象方法

  19. 永井 敏 (承認)

    下顎義歯印象の実技が理解できました。

  20. Y.M. (承認)

    手技の動画・写真が多くわかりやすかった。

  21. M.O. (承認)

    印象の採り方の動画を何度も見ました。あのようきれいな印象が採れるようにやっていきたいと思いました。デンチャ-が外れないための、吸着するためのポイントがとても理解しやすかったです。ありがとうございました。

  22. G.N. (承認)

    吸着しやすい症例とそうでない症例の違いが良くわかりました。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

佐藤歯科医院 ラ・フランスオフィス 院長 佐藤勝史先生

講座内容

第1部:This is Suction Denture!
第2部:吸着Dentureと訪問歯科診療 7つのポイント!
    ゲストスピーカー:医療法人社団 生恩会 大本歯科医院 院長 本多孝史先生
第3部:下顎無歯顎高度吸収顎堤症例の特徴とその対処法

受講形式

WEBセミナー

視聴期間

公開開始:2021年4月29日(木)12:00
視聴期限:2021年5月29日(土)12:00
※30日間視聴延長のお申し込みで、視聴期限が2021年6月28日(月)12:00まで延長されます。

視聴方法

視聴期間内に、視聴ページからご視聴いただきます。
※お申込み後、すぐにご覧いただけます。
※視聴期間中は、何度でもご覧いただけます。
※視聴ページURLは、お申し込み完了メールでご案内いたします。
※講師への質問は、視聴ページの質問フォームから送信してください。

研修ポイント

3ポイント
※研修ポイントの付与は、アンケートを提出された方に限ります。
※アンケートは視聴ページからお答えいただきます。

《研修ポイント付与にはアンケート送信が必要です》
講座各部で表示される受講キーワードを送信いただくことで「受講の証」とし、研修ポイントを付与いたします。
アンケート未送信、または送信された受講キーワードに不備がある場合、研修ポイントは付与いたしかねます。
あらかじめご了承ください。