九州歯科大学 歯学部口腔保健学科 多職種連携教育ユニット 教授 藤井航先生
九州歯科大学 歯学部口腔保健学科 多職種連携教育ユニット 教授 藤井航先生

2021年03月25日公開

日本訪問歯科協会 認定医講座

口腔機能低下症のアセスメントと訓練 2021年改訂版

(17 件のレビュー)

セミナーのお申込みは終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

商品コード: dr079 カテゴリー: , ,

口腔機能低下症のアセスメントと訓練 2021年改訂版 に対するレビュー17件

  1. K (承認)

    今までも口腔機能検査は行ってきましたが、歯科衛生士と共有できていない部分もありました。スタッフ全員で見て、細部を確認しあおうと思います。

  2. T.S. (承認)

    窒息に関しては嚥下機能低下に伴いリスクが高まるものよぼうにであると思いますが、日ごろの訪問時に少しでも訓練を取り入れ予防することが出来ればと思いました。実際に、窒息を起こした患者さんもいる為身近な事故であると感じているところでのお話でしたので、自分でできる範囲で患者さんの力になれればと思いました。

  3. A.O. (承認)

    口腔機能低下症についてのイメージが具体化できました。

  4. K.M. (承認)

    口腔機能低下症をもう少し日々の臨床に取り入れなくてはいけないと思いました。

  5. Y.M. (承認)

    口腔機能維持のための様々な訓練法について学習できた。

  6. R.M. (承認)

    嚥下体操の途中でゴックンを入れるというちょっとしたことが出来ていなかったように思います。施設などでは形式的に行っていますが、この部分を強調していきたいと思います。また、舌前方保持嚥下についても脳性麻痺児などは食べ物も口に入れたままよくやっている方法ですが、自分で舌をあまがみして嚥下すると確かに顎の下に力が入り機能を強化するのに役立つ方法として使うことを感じました。

  7. T.W. (承認)

    これからの高齢者歯科の重要性について改めて実感し、臨床で役に立つ知識やスキルをしっかり身に付けようと思いました。

  8. M.O. (承認)

    実際に映像で訓練を見せていただけて分かりやすかったです。

  9. M.O. (承認)

    口腔機能低下症を理解するためにはよかった。

  10. M.S. (承認)

    口腔機能関連禁軍の訓練法が具体的に例示されて自分自身整理できた。

  11. H.M. (承認)

    口腔機能低下症における訓練映像が見れたのは非常にためになった。

  12. 山田 雅夫 (承認)

    嚥下訓練方がわかり易くて良かった

  13. M.Y. (承認)

    口腔機能低下症について非常にためになりました。

  14. G.N. (承認)

    第3部の訓練が紹介されていて、分かりやすかったです。

  15. 永井 敏 (承認)

    保険請求との関連がわかりやすくまとめられていて役に立ちました。

  16. E.I. (承認)

    訓練の説明が具体的でわかりやすかったです。

  17. M.F. (承認)

    とても丁寧で分かりやすかった。在宅だと栄養士さんの関わりが無い方が多く、食事面のアドバイスができたり、体重減少の話ができるといいと思っていたので、良かった。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

九州歯科大学 口腔保健学科 多職種連携教育ユニット 教授 藤井航先生

講座内容

第1部:口腔機能低下症とは
第2部:口腔機能低下症のアセスメントと診断
第3部:口腔機能維持関連筋群の訓練

受講形式

WEBセミナー

視聴期間

公開開始:2021年3月25日(木)12:00
視聴期限:2021年4月24日(土)12:00
※30日間視聴延長のお申し込みで、視聴期限が2021年5月24日(月)12:00まで延長されます。

視聴方法

視聴期間内に、視聴ページからご視聴いただきます。
※お申込み後、すぐにご覧いただけます。
※視聴期間中は、何度でもご覧いただけます。
※視聴ページURLは、お申し込み完了メールでご案内いたします。
※講師への質問は、視聴ページの質問フォームから送信してください。

研修ポイント

3ポイント
※研修ポイントの付与は、アンケートを提出された方に限ります。
※アンケートは視聴ページからお答えいただきます。

《研修ポイント付与にはアンケート送信が必要です》
講座各部で表示される受講キーワードを送信いただくことで「受講の証」とし、研修ポイントを付与いたします。
アンケート未送信、または送信された受講キーワードに不備がある場合、研修ポイントは付与いたしかねます。
あらかじめご了承ください。