4月26日(木)の受付終了まで残り

愛知医科大学緩和ケアセンター 講師 前田圭介先生

2018年04月29日開催

低栄養・摂食嚥下障害への対応力向上講座

¥43,500¥44,000

解除
商品コード: dr046 商品カテゴリー: ,

「口は栄養摂取にとって自然な唯一の入り口である」。摂食嚥下リハ栄養の第一線でご活躍の前田先生はこのようにおっしゃいます。講座では、高齢者の低栄養の診かた、サルコペニアの摂食嚥下障害、誤嚥性肺炎の予防とケアなどについて解説します。

講師からのメッセージ

講座抄録

本邦は世界で一番の高齢化国家であり、今後もなお高齢化率は上昇することが見込まれている。高齢者は生理学的変化(老化)により、様々な疾病発症リスクが高まるだけでなく、低栄養リスクも増大する。高齢者を支える医療人は、今後、低栄養についての十分な知識と対応力が求められていくことになる。また、摂食嚥下障害者は、栄養摂取量不足を経て低栄養になることが予見されるが、実は逆に、低栄養が原因で摂食嚥下障害を呈することもある。不十分な栄養ケアにより、食べる機能を低下させてしまうかもしれないのである。本講座は、高齢者の低栄養の診かた、サルコペニアの摂食嚥下障害、誤嚥性肺炎の予防とケアについての知識を深め、現場で実践できるように企画されたものである。

第1部 低栄養・サルコペニア・フレイルの診かた

  • 根拠をもって低栄養を診断する方法
  • サルコペニアを臨床現場で診断する方法
  • フレイルの概念と診断基準
  • 栄養サポートチーム(NST)に期待されること

第2部 低栄養と摂食嚥下障害

  • 従来説明されてきた摂食嚥下機能
  • 新しい考え方(サルコペニアの摂食嚥下障害)
  • 高齢者の摂食嚥下障害における多面的アプローチ
  • 多面的食支援ツール(KTバランスチャート)

第3部 誤嚥性肺炎の予防と治療中のケア

  • 誤嚥性肺炎の診断方法
  • 禁食回避が誤嚥性肺炎治療の近道
  • 経口摂取を支える腕を磨く
  • Less is not always more.

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

愛知医科大学緩和ケアセンター 講師 前田圭介先生

会場

東京 :ソラシティ カンファレンスセンター Room B
名古屋:安保ホール 701

開催日時

2018年4月29日(日)13:10~17:15

受講形式

オンライン受講, 名古屋会場受講, 東京会場受講

お申込みから参加まで

参加票のお届け

銀行振込の方は、ご請求書・参加票・会場案内をお送りいたしますので、期限までに指定口座へ参加費をお振込みください。クレジットカード払いの方は、お客様の決済確認後に参加票・会場案内をお送りいたします。

参加当日

参加票は受付の際に必要になります。忘れずにお持ちください。当講座・セミナー・研修会の撮影・録音は、個人の使用目的も含め、固くお断りしております。

【オンライン受講の方】
オンライン受講を選択された方は、マイアカウントの「配信イベント」に当講座の視聴ページへのリンクが表示されます。講座開始時間までに視聴ページへアクセスしてください。

キャンセルについて

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。

キャンセルされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたしますので、申し込み前に必ずご確認ください。

キャンセルのご連絡はこちらから>>

キャンセル料

  • 前日のキャンセルまたは当日の不参加:参加費の100%
  • 開催日の前日より8日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の50%
  • 開催日の前日より15日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の30%
  • 開催日の前日より16日目にあたる日以前のキャンセル:無料

返金方法について

キャンセルのご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

上記キャンセル料を差し引いた金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。