東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 麻酔・生体管理学分野 教授 深山治久先生

2017年01月29日開催

訪問診療のリスクマネジメント・クライシスマネジメント

15件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、3.87
(15 件のレビュー)

セミナーの開催は終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

商品コード: dr032 商品カテゴリー: ,

「患者さん宅で義歯の調整をしていたら、突然、患者さんの意識がなくなった・・・」
訪問診療では、有病高齢者の患者さんを診る機会が多くあります。それだけに、実際の訪問の現場で突発的な事態が起こるリスクは常にあるのです。 この講座では、リスクの見分け方、突発的事態を避けるための管理方法、そして実際の緊急時の対処方法をお伝えします。

講師からのメッセージ

このセミナーでお伝えする内容の一部をあげるとすると・・・

  • 訪問診療の対象患者の特徴
  • 治療を控えるべき症例とは
  • リスクの高い患者さんの見分け方
  • 全身状態の評価方法
  • 最低限必要となるこれだけのモニタリング機器
  • 合併症を起こさせないためには何が必要か
  • 精神的緊張を最小限にする方法とは
  • 紹介状の書き方のポイント
  • 基本的な心肺蘇生法
  • 救命の連鎖とは
  • 心肺蘇生の注意点
  • 特に注意すべき8つの偶発症

講座抄録

当然のことですが、訪問診療を受ける患者さんは、歯科医院に通えない方たちです。その通えない理由を考えてみると、歯科医院が近くにない、通院手段がないなどがあるでしょうが、前者は現在の日本では少ないでしょう。通院手段は徒歩、自転車、自動車などでしょうが、これらが使えない患者さんは何らかの運動障害や全身疾患をお持ちと考えられます。

運動障害の多くも呼吸器・循環器疾患や脳血管疾患、認知症を含む神経・筋疾患などの疾病を合併した方となります。つまり、訪問診療はリスクの高い患者さんを対象としていることになります。呼吸器疾患のために処置中に気道閉塞・狭窄を起こしたり、循環器疾患のために血圧が異常に上がったり、認知症のために診療を拒否されたり、神経疾患のために意識をなくしたりすることが起こるかもしれません。

このような危険性(リスク)を前もって管理(マネジメント)し、緊急事態(クライシス)の際には適切な処置(マネジメント)が求められます。今回の講演では、リスクの高い患者さんの見分け方、リスクの回避方法、さらに現実に起こったクライシスにどのように対処したらよいかを症例をお見せしてお話しします。

全国4カ所のサテライト会場でも受講可能です

日本訪問歯科協会の認定講座は、Ustreamで全国5か所の会場へライブ配信をしています。

メイン会場は東京。名古屋、大阪、広島、福岡にサテライト会場を設け、動画・音声配信システムを使っておこないます。サテライト会場では、回線を通じてメイン会場をスクリーンに映し出します。

メイン会場は複数のカメラで撮影し、プロジェクターに映すものと、講師を映すものを専門のスイッチャ―が切替するので、ただ単に講師とスライドがスクリーンに映っているという退屈なものにはなりません。音声もクリアです。

つまり、東京と同じ環境を全国のサテライト会場でも実現できるわけです。

訪問診療のリスクマネジメント・クライシスマネジメントへ15件のレビュー

  1. 5段階で 1 の評価

    H. Y.

    麻酔の基礎的な知識をおさらいできたが、訪問歯科とは全身疾患の患者がほとんどであるのに、手を出すなと言われると・・・現実の対応と考えても講義内容を実践難しくもう少し即した内容で講義を受けたかった。又、サテライトの受講生を置いて行きすぎと思った。

  2. 5段階で 4 の評価

    中辻 智子

    学生の頃、教えて頂いた事、思い出すきっかけとなったのと、新しい情報を頂けたので良かったです。

  3. 5段階で 4 の評価

    Y. K.

    歯科診療時にリスクの高い全身疾患について詳しく学ぶことができてとても有意義でした。

  4. 5段階で 4 の評価

    H. N.

    内容も分かりやすく整理され理解しやすかったです。

  5. 5段階で 5 の評価

    M. S.

    エピネフリン製剤の使用について希釈して使用する方法など、興味深かった

  6. 5段階で 5 の評価

    小川 敢

    座学だけではなく、実習が組み込まれていたため、とても分かりやすかったです。訪問診療にたずさわっている先生方と交流できるのも、セミナーの楽しみです。

  7. 5段階で 4 の評価

    A. K.

    多くのQ&Aができました。実習も楽しく実になりました

  8. 5段階で 5 の評価

    R. J.

    アドレナリンを少なくするための注射液の作成

  9. 5段階で 3 の評価

    Y. A.

    食物アレルギーでMIペーストも注意すべきというのはあまり意識してなかった為、とても印象に残りました

  10. 5段階で 4 の評価

    J. F.

    偶発症について、対処法がわかりやすかった。

  11. 5段階で 5 の評価

    大西 比呂支

    紹介状の書き方

  12. 5段階で 5 の評価

    I. H.

    全身管理の重要性、安全安心の治療の対応

  13. 5段階で 4 の評価

    M. U.

    アナフィラキーショックについて参考になりました。

  14. 5段階で 3 の評価

    I. N.

    キシロカインの希釈、大変参考になりました

  15. 5段階で 2 の評価

    江崎 賢治

    もう少し訪問診療で役立つ内容が欲しかった(実際の入所者さんを撮影した動画などあれば良かったと思う)

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

東京医科歯科大学 医歯学総合研究科 麻酔・生体管理学分野 教授 深山治久先生

会場

東京:ソラシティ カンファレンスセンター Room B
名古屋:ABC会議室 第7会議室
大阪:松下IMPビル B会議室
広島:RCC文化センター 603
福岡:はかた近代ビル会議室 104

開催日時

2017年1月29日(日)13:10~17:15

歯援診の研修項目

緊急時対応

お申込みから参加まで

1.参加票のお届け

銀行振込の方は、ご請求書・参加票・会場案内をお送りいたしますので、期限までに指定口座へ参加費をお振込みください。クレジットカード払いの方は、お客様の決済確認後に参加票・会場案内をお送りいたします。

2.参加当日

参加票は受付の際に必要になります。忘れずにお持ちください。当講座・セミナー・研修会の撮影・録音は、個人の使用目的も含め、固くお断りしております。

キャンセルについて

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
キャンセルされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたしますので、申し込み前に必ずご確認ください。
キャンセルのご連絡はこちらから>>

1.キャンセル料

  • 前日のキャンセルまたは当日の不参加:参加費の100%
  • 開催日の前日より8日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の50%
  • 開催日の前日より15日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の30%
  • 開催日の前日より16日目にあたる日以前のキャンセル:無料

2.返金方法について

キャンセルのご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

上記キャンセル料を差し引いた金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。