九州歯科大学 歯学部口腔保健学科 地域・多職種連携教育ユニット 教授 藤井 航先生

2015年01月18日開催

摂食・嚥下リハビリテーションVE、VFの実際

40件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、4.30
(40 件のレビュー)

セミナーの開催は終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

商品コード: dr008 商品カテゴリー: ,

摂食嚥下リハビリテーションの重要性が高まるにつれ、VEを導入する医院が急増しています。

「一つでも多くの症例を見て学び、VE診断への理解を深めたい」
「VEだけではなく、VFに関する知識を得たい」という声を多くいただいています。

VE/VFを理解するには、まず摂食嚥下障害の知識を深めることが必須です。そこで今回、VE/VFでの診査診断から摂食嚥下のリハビリテーションのセミナーを開催します。

講師に、藤田保健衛生大学医学部七栗サナトリウム歯科の藤井航先生を迎え、摂食嚥下障害患者の理解から、VE/VFの実際の症例検証まで、豊富な具体例を交えてお話しいただきます。

講師からのメッセージ

このセミナーでお伝えする内容の一部をあげるとすると・・・

  • 歯科訪問診療における摂食嚥下障害患の理解
  • 摂食嚥下リハビリテーションの基礎を正確に理解するには
  • 動画で学ぶ嚥下のメカニズム
  • 診査診断からリハビリテーションへ
  • 精密検査が必要な人の特徴
  • VEの正しい知識と使用方法
  • 簡易的検査方法
  • VE使用で起こりうる医療事故を防ぐ
  • VF症例動画で学ぶ嚥下のメカニズム
  • 診査診断からリハビリテーションへ

全国4カ所のサテライト会場でも受講可能です

日本訪問歯科協会の認定講座は、Ustreamで全国5か所の会場へライブ配信をしています。

メイン会場は東京。名古屋、大阪、広島、福岡にサテライト会場を設け、動画・音声配信システムを使っておこないます。サテライト会場では、回線を通じてメイン会場をスクリーンに映し出します。

メイン会場は複数のカメラで撮影し、プロジェクターに映すものと、講師を映すものを専門のスイッチャ―が切替するので、ただ単に講師とスライドがスクリーンに映っているという退屈なものにはなりません。音声もクリアです。

つまり、東京と同じ環境を全国のサテライト会場でも実現できるわけです。

摂食・嚥下リハビリテーションVE、VFの実際へ40件のレビュー

  1. 5段階で 4 の評価

    A. H.

    摂食・エン下の基本が分かってよかった。

  2. 5段階で 5 の評価

    H. H.

    sil ent aspiammの可能性の高さが思ったより高かったことにおどろいた。また色々な嚥下の障害の度合に差があり、その度合の■にして、対処法のかくにん大切であると思いました。

  3. 5段階で 5 の評価

    K. Y.

    日頃、なかなか見ることのできないような症例を映像で見ることに、具体的なイメージを把握することができました。

  4. 5段階で 4 の評価

    M. S.

    ・最近の胃ろうに対する講師の先生の意見。・VE

  5. 5段階で 5 の評価

    K. K.

    摂食嚥下障害のスクリーニングテストがよくわかりました。VFの動画が参考になりました。残念だったのは、サテライトで受講したので、先生の差された、赤ポイントが、こちらの画像にはうつらなかったことです。サルや、イヌとヒトの咽頭の構造の違いが印象に残りました。

  6. 5段階で 4 の評価

    H. K.

    Si’ent aspが誤嚥の80%を占めているというのは非常におどろきました。

  7. 5段階で 4 の評価

    K. U.

    機会誤嚥VFの有効性、VEの利点についての理解を深める事ができた。

  8. 5段階で 4 の評価

    M. Y.

    病院ではなく在宅中心の、摂食えん下障害の実際、を教えて欲しい。在宅では訓練より食支援が中心と思うのですが。

  9. 5段階で 4 の評価

    H. N.

    具体的にビデオ動画が多く、VFVEの実際の状況がよく把握でき、為になりました。

  10. 5段階で 5 の評価

    A. O.

    初心者でしたので、スクリーニングテストの方法などがくわしくきけてよかったです。多数の種類の動画を見ることができて、本当によかったです。ありがとうございました。

  11. 5段階で 4 の評価

    S. H.

    液体と固体の混合物は誤嚥しやすいということ。VFの臨床について。

  12. 5段階で 5 の評価

    A. H.

    STの話も聞きたい。☆RSSTの説明は良かった!訪看のナースからも話をききたい

  13. 5段階で 4 の評価

    S. M.

    VE

  14. 5段階で 4 の評価

    T. N.

    誤嚥を防げない人ほど歯科の出番だと言うこと。日々の口腔のケアで肺炎を起こさないお口づくりを心掛けたいと思います。

  15. 5段階で 5 の評価

    Y. T.

    歯科としてエンゲにたずさわる重要性 流れのハアク

  16. 5段階で 4 の評価

    T. N.

    VFVEの具体的な症例を通して診断の仕方をお示しいただいたこと。

  17. 5段階で 4 の評価

    M. H.

    リハビリのことについて。

  18. 5段階で 4 の評価

    H. I.

    VFの映像が豊富で、誤嚥の種類も大変わかりやすく、理解がふかまりました。

  19. 5段階で 3 の評価

    T. N.

    学生時代には、学ばなかった内容だったので、勉強になりました。医療の現場に役立つことがたくさんありました。

  20. 5段階で 5 の評価

    S. S.

    これからの市改良の方向性を教示していただきました。

  21. 5段階で 3 の評価

    Y. S.

    摂食えん下の評価診断について、一連の動きがわかり、良かったと思います。

  22. 5段階で 5 の評価

    T. N.

    誤嚥=誤嚥性肺炎ではないという事 誤嚥はしていないが口腔期に問題があり、なかなか嚥下出来ない人が存在する事も興味深かった。

  23. 5段階で 4 の評価

    T. S.

    GPとして知らなかった嚥下の話が多角的に理解できた。今後の高齢者歯科に必需のものと思います。

  24. 5段階で 5 の評価

    T. A.

    摂食・嚥下の全体像の理解が出来ました。今後は症例別の講習会等があると勉強になります。

  25. 5段階で 5 の評価

    N. H.

    誤嚥、摂食嚥下リハビリテーションんの再度勉強になりました。院内他歯科医師にも今日の内容を伝えたいと思います。ありがとうございました。

  26. 5段階で 1 の評価

    T. T.

    評価の部分、知的■■ADL、服薬指導、社会的指導等のどう考え患者さんに■■■は直るのか?摂食えん下障害は穂運等に直るのか?

  27. 5段階で 4 の評価

    S. M.

    VF、VEの動画はとても分かりやすかった。

  28. 5段階で 4 の評価

    M. T.

    誤嚥=誤嚥性肺炎ではない。人間の嚥下構造の複雑さを知りました。少しのキノウ低下で嚥下ができなくなる・・・。初めてVEの影像を見る事が出来たことが、印象に残りました。体力の向上が嚥下の訓練になる事を知りました。水分と固形物の混合は危ない!

  29. 5段階で 5 の評価

    R. I.

    とてもたのしかった。

  30. 5段階で 5 の評価

    須賀 祥子

    VF画像が非常に勉強になりました。鮮明でゆっくりでわかりやすかったです。液体と固体の混合に対しての嚥下の仕方が違う事が、大変勉強なりました。

  31. 5段階で 5 の評価

    樋口 亜由子

    「誤嚥をしても肺炎にならない口を作る」という言葉が印象的でした。様々なケースのVE、VF画像をたくさん提示して頂いて非常に興味深かったです。

  32. 5段階で 5 の評価

    後藤 秀行

    嚥下訓練が興味深かったです。VEの映像もはじめからVEを見せられていたら、口腔ケアの大切さが認識できていたと思います。今からでもケアを勉強したいと思います。

  33. 5段階で 3 の評価

    宮井 久敬

    VE、VF症例を見る機械が少なかったため、対応に参考になりました。

  34. 5段階で 5 の評価

    中江 啓昭

    VF、VEを行うにあたり、注意点を実際の映像で確認できたのがよかったです。

  35. 5段階で 4 の評価

    林 泰生

    VEの動画をみれて、リアルな摂食嚥下障害の人を見れて良かったです。

  36. 5段階で 5 の評価

    草川 洋

    VEの臨床を多くみせていただけた。

  37. 5段階で 5 の評価

    折原 敬一郎

    VE画像が非常に興味深かった。

  38. 5段階で 5 の評価

    滝沢 仙太郎

    普段から訪問診療を行っておりある程度の摂食嚥下障害についての知識と経験はあると思っていますが、さらにVFやVEをはじめしっかりした知識を体系的に学びたいという現在の私にとって最適な研修会になったと思います。

  39. 5段階で 4 の評価

    永井 敏

    第三部のリハと嚥下食は基本が理解でき有用でした。こちらの方をメインとした講座の開催もお願いします。

  40. 5段階で 4 の評価

    林 幹也

    よくわかる説明でした。具体例が多く、勉強になりました。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

九州歯科大学老年障害者歯科学分野 准教授 藤井航先生

会場

東京:エッサム本社ビル こだまホール
名古屋:安保ホール 701
大阪:松下IMPビル 会議室B
広島:RCC文化センター 603
福岡:アクア博多 B会議室

開催日時

2015年1月18日(日)13:10~17:15

歯援診の研修項目

口腔機能の管理

お申込みから参加まで

1.参加票のお届け

銀行振込の方は、ご請求書・参加票・会場案内をお送りいたしますので、期限までに指定口座へ参加費をお振込みください。クレジットカード払いの方は、お客様の決済確認後に参加票・会場案内をお送りいたします。

2.参加当日

参加票は受付の際に必要になります。忘れずにお持ちください。当講座・セミナー・研修会の撮影・録音は、個人の使用目的も含め、固くお断りしております。

キャンセルについて

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
キャンセルされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたしますので、申し込み前に必ずご確認ください。
キャンセルのご連絡はこちらから>>

1.キャンセル料

  • 前日のキャンセルまたは当日の不参加:参加費の100%
  • 開催日の前日より8日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の50%
  • 開催日の前日より15日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の30%
  • 開催日の前日より16日目にあたる日以前のキャンセル:無料

2.返金方法について

キャンセルのご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

上記キャンセル料を差し引いた金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。