口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

2018年08月26日開催

多職種連携のための情報発信・情報交換の極意

18件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、4.72

セミナーの開催は終了しました。

このセミナーを収録したDVDをご用意しています。

商品コード: dh043 商品カテゴリー: ,

患者さんにとってのベストアンサーを見つけ出すには、多職種連携が必要不可欠です。

チーム医療における歯科衛生士の役割を確認し、上手な連携のポイントを解説します。

講座抄録

「多職種連携」と聞くと、病院内であれば可能というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。確かに、病院内には、医師・看護師・リハビリスタッフ・栄養士・薬剤師・検査技師と様々な職種が揃っています。

私はフリーランスという立場から、病院・介護施設・在宅で歯科衛生士として活動しています。そんな中で、意外だと思われるかもしれませんが、「病院」という環境が最も多職種の連携に苦慮する現場であると感じています。

全ての職種が揃う環境であっても、このような状況になる理由は何か?1つには、現在の在院日数の中で、それぞれの職種が自分の職域を全うすることで精一杯な状況も見えてきます。それと同時に病院内での指示系統は「医師」を頂点としたピラミッド状態が主です。我々歯科衛生士は歯科医師の指示のもと、職務を行っています。医科に歯科衛生士の職域をアピールする機会も少ないというのも実際です。

そんな中でも確実に「歯科衛生士」の職域を示していくことの重要性。つまり「どのような結果を残していくのか?」「歯科衛生士としてこの現場で求められていることは何か?」を考える必要に迫られていると感じます。

また、介護施設でも在宅でも、多職種連携は可能であると思います。

介護施設内では、看護師や介護士との連携があり、在宅では利用者に関わる全ての職種との情報共有や連携が必須です。
連携の為に、在宅ではケアカンファレンスが設けられています。皆さんは、参加したことがあるでしょうか?歯科がその存在をアピールする機会でもあり、他の職種から学ぶ機会でもあると思います。

これまで私が歯科衛生士という職域をどのようにアピールしてきたか?そして、どのような結果を残してきたのか?症例を交えながらお伝えしていきます。

歯科だから出来ること、歯科だけでは出来ないこと…現場には様々な問題が潜んでいます。今、歯科が多職種に求められていることは何か?改めて考えていきましょう。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

会場

ソラシティ カンファレンスセンター Room B

開催日時

2018年8月26日(日)9:30~12:30

受講形式

ライブ配信, 東京会場受講

お申込みから参加まで

《会場参加の方》

1.参加票のお届け

銀行振込の方は、ご請求書・参加票・会場案内をお送りいたしますので、期限までに指定口座へ参加費をお振込みください。クレジットカード払いの方は、お客様の決済確認後に参加票・会場案内をお送りいたします。

2.参加当日

参加票は受付の際に必要になります。忘れずにお持ちください。当講座・セミナー・研修会の撮影・録音は、個人の使用目的も含め、固くお断りしております。

キャンセルについて

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
キャンセルされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたしますので、申し込み前に必ずご確認ください。
キャンセルのご連絡はこちらから>>

1.キャンセル料

  • 前日のキャンセルまたは当日の不参加:参加費の100%
  • 開催日の前日より8日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の50%
  • 開催日の前日より15日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の30%
  • 開催日の前日より16日目にあたる日以前のキャンセル:無料

2.返金方法について

キャンセルのご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

上記キャンセル料を差し引いた金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。