口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

2017年07月30日開催

摂食嚥下機能にあわせた食形態の選び方

9件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、4.67
(9 件のレビュー)

セミナーの開催は終了しました。

商品コード: dh031 商品カテゴリー: ,

「なんでも刻めばいい」「たくさんとろみをつければいい」。
摂食嚥下障害がある方の食形態について、誤った認識を持つ訪問の現場は少なくありません。摂食嚥下機能に合った「食形態の選択」と言っても、障害の種類や程度が多種に渡るため、なかなか基準通りにはいかないのが現実です。「歯科医療従事者は、食形態の分類をきちんと把握し、現場でできる食形態の工夫の知識を持ち合わせていなければならない」。講師の和田先生はこのようにおっしゃいます。

今回の講座では、今一度「食べる」ということに着目し、摂食嚥下機能の評価とそれに合った食形態の選択、食形態の工夫について考えていきます。

このセミナーでお伝えする内容の一部をあげるとすると・・・

  • 摂食嚥下障害の基本
  • 準備期に障害がある場合の対応
  • 口腔期に障害がある場合の対応
  • 嚥下食ピラミッドとは何か
  • 食事介助方法の基本
  • 水分摂取方法~とろみのつけ方とは~
  • 姿勢・食具の重要性
  • 実際の食形態とは

講座抄録

私たちは日々の生活の中で「食事」に対して、さほど意識することなく、また好きなものを選択し当たり前に食物を摂取しています。

摂食嚥下障害と言われ、当たり前に行ってきた「食事」が出来なくなった時、我々は何を基準に、どんな食事形態を選択していくのか?

そして、それはどんな職種に相談すべきなのか?

患者さんやそのご家族、介護施設のスタッフの皆さんは、日常生活の中でそんな疑問に向き合っていらっしゃいます。

機能に合った「食形態の選択」と言われても、障害の種類や程度が多種に渡り、なかなか基準通りにはいかない、そんな現場の苦労があることを、私は歯科衛生士として目の当たりにしてきました。

現在、嚥下調整食としてスタンダードになりつつあるものに、「日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013」があります。

しかし、病院の評価通りにいかない場合や、姿勢や味の好み、嗜好など、「食事」には様々な環境要因も影響する為、「これが絶対うまくいく!」というものに達することが難しいのも実情です。

私たち歯科にできることは何か?

それは、患者さんがおかれている環境を把握すること、そして摂食嚥下機能を評価した上で、さらに介護力を考え、「安全」で「美味しく」食べることが出来る「食形態」を探っていくことではないかと考えます。

その為にも、私たち歯科医療従事者は、「食物形態の分類」をきちんと把握し、また現場で出来る「食物形態の工夫」の知識を持ち合わせていなければなりません。

何でも刻めば良い、沢山とろみをつければ良い。そんな現場があることも現実なのです。

このセミナーでは、もう一度「食べる」ということに着目し、摂食嚥下機能の評価とそれに合った食物形態の選択、食物形態の工夫について考えていきたいと思います。

全国4カ所のサテライト会場でも受講可能です

日本訪問歯科協会の認定講座は、Ustreamで全国5か所の会場へライブ配信をしています。

メイン会場は東京。名古屋、大阪、広島、福岡にサテライト会場を設け、動画・音声配信システムを使っておこないます。サテライト会場では、回線を通じてメイン会場をスクリーンに映し出します。

メイン会場は複数のカメラで撮影し、プロジェクターに映すものと、講師を映すものを専門のスイッチャ―が切替するので、ただ単に講師とスライドがスクリーンに映っているという退屈なものにはなりません。音声もクリアです。

つまり、東京と同じ環境を全国のサテライト会場でも実現できるわけです。

摂食嚥下機能にあわせた食形態の選び方へ9件のレビュー

  1. 5段階で 5 の評価

    T. H.

    口腔内ばかり気にするのでなく、姿勢や介助の大切さを知る事ができました。特に乳児期の食事獲得が高齢者の退後が納得できました。子育てに役に立つこともありそうです。各々人により違うなと思いました。

  2. 5段階で 5 の評価

    M. S.

    訪問に出ていなくても診療室で取り組める予防があること。分からないこと、できないと言い訳にしていたことを改めて反省しました。

  3. 5段階で 5 の評価

    S. K.

    往診に行く際、どうしても口腔ケアがメインになってしまい、全身状態までしっかり確認できていなかった。「また汚れてる・・・。きれいにケアしなければ」でなく、どうして汚れているのだろう?どうして?と疑問を持ちながら1つ1つ理解していくことが大切であると思った。

  4. 5段階で 5 の評価

    A. S.

    最後の60代男性の患者さまが食事をすることができている姿に感動いたしました。私もこれからいろいろな患者さまに対応できるようになりたいと思いました。

  5. 5段階で 5 の評価

    堀田 幸子

    嚥下機能低下の方が多いので対応の仕方がよくわかりました。テーマによってまちまちなので勉強しなくてはいけませんね。

  6. 5段階で 5 の評価

    田村 麻希

    まだ知識の浅い私ですが、基本知識にも触れながらのセミナー内容であったため、とてもわかりやすかったです。実践できそうなことから少しずつチャレンジをして、患者さんの役に立てるよう努力してまいりたいと思います。

  7. 5段階で 5 の評価

    N. K.

    右側マヒのKrがあれだけ回復したことにとても感動しました。

  8. 5段階で 3 の評価

    A. Y.

    衛生士の従来の仕事から一歩踏み出すことの重要さを知った。

  9. 5段階で 4 の評価

    T. S.

    刻み食がよくないこと、とろみの種類、食事の基本姿勢

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

会場

東京:ソラシティ カンファレンスセンター Room B
名古屋:安保ホール 701
大阪:松下IMPビル B会議室
広島:RCC文化センター 603
福岡:はかた近代ビル会議室 104

開催日時

2017年7月30日(日)9:30~12:30

お申込みから参加まで

1.参加票のお届け

銀行振込の方は、ご請求書・参加票・会場案内をお送りいたしますので、期限までに指定口座へ参加費をお振込みください。クレジットカード払いの方は、お客様の決済確認後に参加票・会場案内をお送りいたします。

2.参加当日

参加票は受付の際に必要になります。忘れずにお持ちください。当講座・セミナー・研修会の撮影・録音は、個人の使用目的も含め、固くお断りしております。

キャンセルについて

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
キャンセルされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたしますので、申し込み前に必ずご確認ください。
キャンセルのご連絡はこちらから>>

1.キャンセル料

  • 前日のキャンセルまたは当日の不参加:参加費の100%
  • 開催日の前日より8日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の50%
  • 開催日の前日より15日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の30%
  • 開催日の前日より16日目にあたる日以前のキャンセル:無料

2.返金方法について

キャンセルのご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

上記キャンセル料を差し引いた金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。