口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

2015年08月23日開催

「この口で食べることはできるのか?」 評価とアプローチ方法

24件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、4.46
(24 件のレビュー)

セミナーの開催は終了しました。

商品コード: dh008 商品カテゴリー: ,

皆さんは、「口」のスペシャリスト歯科衛生士です。しかし、それは「歯」と「歯肉」という一部分に特化していませんか?

外来時代、患者さんに自信満々に「指導」していたはずなのに…「口腔機能」「摂食嚥下」と名称が難しくなると途端に控えめに。私もそうでした。私たちが残してきた「歯」はどのように役立っているのか?

患者さんに「なぜ歯を残す必要があるの?」と聞かれたら、私たちはどう答えるのか?

「美味しく、安全に、楽しく食べるため」そんな風に答えたいですね。
「口」を理解し、患者さんの「食支援」に活かす知識、評価、アプローチ方法を解説します。

このセミナーでお伝えする内容の一部をあげるとすると・・・

  • 摂食嚥下のメカニズム ~歯、口唇、舌、頬の役割~
  • 「食支援とは」
  • 「食べる」を観察する方法
  • 患者さんの「食べる」を評価する方法
  • 食べるために必要な環境の作り方
  • 食べるために必要な姿勢を作るための工夫とは
  • 患者さんに合った食形態について
  • 口の働きを理解する
  • 実際のアプローチ方法とは

全国4カ所のサテライト会場でも受講可能です

日本訪問歯科協会の認定講座は、Ustreamで全国5か所の会場へライブ配信をしています。

メイン会場は東京。名古屋、大阪、広島、福岡にサテライト会場を設け、動画・音声配信システムを使っておこないます。サテライト会場では、回線を通じてメイン会場をスクリーンに映し出します。

メイン会場は複数のカメラで撮影し、プロジェクターに映すものと、講師を映すものを専門のスイッチャ―が切替するので、ただ単に講師とスライドがスクリーンに映っているという退屈なものにはなりません。音声もクリアです。

つまり、東京と同じ環境を全国のサテライト会場でも実現できるわけです。

「この口で食べることはできるのか?」 評価とアプローチ方法へ24件のレビュー

  1. 5段階で 5 の評価

    M. K.

    とても面白いお話でした。少し早口で聞き取りきれない箇所が所々あり残念でしたが(特に最初の方)徐々に耳がなれてきて途中からは楽しむことができました。口腔写真大事だなぁと思いました。診療室では撮るのに訪問では撮っていないことに言われて気付きました。

  2. 5段階で 4 の評価

    A. M.

    PTやOTとの会話や関わりを持つことで、全身的なことや口腔についてもよりいっそう知識が広がるのはすばらしいことでもあり私もそのような関わりを積極的にたくさん持とうと思いました。

  3. 5段階で 5 の評価

    Y. Y.

    口腔ケアに張るから行くようになり、今までかかわる事のなかった寝たきりの患者さんの口腔内を診る事になりました。口腔内の出欠原因、多職種の人達がみおとす所をきちんとチェックしていかなくてはいけない事がよくわかりました。

  4. 5段階で 5 の評価

    Y. K.

    訪問診療を行う上で、医師の意見が1番で衛生士の意見がなかなか言えない状態ですが、今回のセミナーで衛生士の役割の重要性をあらためてじっかんしたのでもう少し医師に意見しようと思いました。

  5. 5段階で 5 の評価

    N. A.

    指先で感じる、鼻腔を見る、評価の基準はポジティブに、など参考になりました。明日から実践して行きたいと思います。歯科医師。多職種連携の大切さをあらためて実感しました。

  6. 5段階で 3 の評価

    M. S.

    口腔衛生状態のみの評価だけでは不十分ということ

  7. 5段階で 5 の評価

    S. M.

    どういうことに注目すれば良いのか、その原因の具体例などをあげていただきわかりやすく日ごろの診療にも役立つ内容でした。また、その情報をどのように多職種に伝えて連携を撮って行くのかなどもわかりやすくとても参考になりました

  8. 5段階で 4 の評価

    T. T.

    最後にお話いただいたエピソードはとても興味深かったです。今後患者さんと接して行く中で、もし機会があったら、今日聞いたお話を参考に対応していきたいと思います。ありがとうございました。

  9. 5段階で 5 の評価

    A. T.

    資料とスライドがとても見やすかったです。説明もわかりやすかったです。舌の評価(とくに安静位)が印象に残りました。舌根沈下した舌を前に出すリハビリも知りたかったです。

  10. 5段階で 5 の評価

    N. A.

    指先で感じる、鼻腔を見る、評価の基準はポジティブに、など参考になりました。明日から実践して行きたいと思います。歯科医師。多職種連携の大切さをあらためて実感しました。

  11. 5段階で 4 の評価

    和田 浩江

    萎縮なのか!硬直なのか!にドキッとしました。私解ってないでやってる(泣)と刺激になりました。又、食支援の内容を自分で言ってる事の深く味意が解りました。

  12. 5段階で 5 の評価

    R. O.

    全体的に内容量も豊富で具体的なお話しも入れて下さってよくわかりました。この先も楽しみにしております。

  13. 5段階で 5 の評価

    S. T.

    特別養護老人福祉施設で口腔ケアをさせて頂いておりますが重度の方は診ていません。今後摂食嚥下の評価ができるように成長したいと思っていますので、本日のセミナーは楽しみにしておりました。本日の内容をふまえ自分自身でまずやってみるところからはじめて参ります。

  14. 5段階で 5 の評価

    I. K.

    食べることの意味、食べられる口腔内なのか?評価すること、また支援していくこと、義歯の重要性

  15. 5段階で 5 の評価

    S. H.

    評価していくこと、モニタリングすることについて、具体的に教えて頂き、大変勉強になりました。衛生士にはこれが出来るんだと胸を張って言えるよう、現場で役に立てるようにがんばっていきたいと思いました。ありがとうございました。

  16. 5段階で 5 の評価

    N. H.

    言われるまで気づかなかった事が多かったです。食支援は生活支援である事、スプーン・歯ブラシ持ち方しだいで活動域が変わる。自分自身の食事を理解していないと食支援は出来ない。「あ~そうだな」という気づきの多いお話でした。明日から役立つお話でした。

  17. 5段階で 5 の評価

    N. H.

    短い時間でケアをしながら機能訓練もしてと、余裕のない接し方をしていたと反省しました。短い時間でも状況を把握し、考え、ケアを実施し、本人・ご家族・スタッフ、多職種の方々に伝える事が出来るように努力したいと思いました。貴重なご講義ありがとうございました。

  18. 5段階で 4 の評価

    M. K.

    患者さんの口腔内だけでなく、鼻にも注目しなければいけないと言う事に驚きました。これから口腔内だけでなく「鼻」にも注目していきたいです。

  19. 5段階で 3 の評価

    K. Y.

    症例がもっと多いといいと思います

  20. 5段階で 5 の評価

    R. T.

    私の担当させて頂いているKrで、これからギシ作製予定の方が数名いるので、とても役に立ち、頭を痛ませる内容でした。自分のまだ知識不足…痛感し、スキルアップにつながりました。

  21. 5段階で 3 の評価

    S. T.

    多職種との連携、なかなか難しいとは思いますが・・…やってみたいと思いました。

  22. 5段階で 3 の評価

    塚本 佳代

    今までみていなかった所、出来ていない所を知る事が出来、明日からの仕事に早速活用して行こうと思いました。1つ1つ解りやすく説明してくれる部分があり、聞きやすく頭に入りやすい状態で良かったです。

  23. 5段階で 5 の評価

    A. K.

    衛生士も患者様の義歯の評価を行いより良い状態に改善していけたらと思います。食支援にはチームワークが必要で食事観察を様々な角度から行い環境設定・食形態の設定を行うことが大切だと感じました。

  24. 5段階で 4 の評価

    平野 陽子

    普段の業務で経験していることの確認、それを後輩指導する時の参考に役立ちます。訪問するなかで日々悩むこともありますが同じ立場としてはげみになりました。ありがとうございます。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

詳細情報

主催

一般社団法人 日本訪問歯科協会

講師

口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

会場

東京:ソラシティ カンファレンスセンター Terrace Room
名古屋:安保ホール 101
大阪:松下IMPビル 会議室B
広島:RCC文化センター 603
福岡:アクア博多 D会議室

開催日時

2015年8月23日(日)9:30~12:30

お申込みから参加まで

1.参加票のお届け

銀行振込の方は、ご請求書・参加票・会場案内をお送りいたしますので、期限までに指定口座へ参加費をお振込みください。クレジットカード払いの方は、お客様の決済確認後に参加票・会場案内をお送りいたします。

2.参加当日

参加票は受付の際に必要になります。忘れずにお持ちください。当講座・セミナー・研修会の撮影・録音は、個人の使用目的も含め、固くお断りしております。

キャンセルについて

お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は事務局までご連絡ください。
キャンセルされる場合は、以下のキャンセル料が発生いたしますので、申し込み前に必ずご確認ください。
キャンセルのご連絡はこちらから>>

1.キャンセル料

  • 前日のキャンセルまたは当日の不参加:参加費の100%
  • 開催日の前日より8日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の50%
  • 開催日の前日より15日目にあたる日以降のキャンセル:参加費の30%
  • 開催日の前日より16日目にあたる日以前のキャンセル:無料

2.返金方法について

キャンセルのご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

上記キャンセル料を差し引いた金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。