令和6年度 診療報酬改定対応 訪問歯科「診療報酬の研究」セミナー

講師:一般社団法人 日本訪問歯科協会 理事 前田実男

33,000 (税込 36,300)

安心の返金保証

商品コード: 50679 カテゴリー:

このDVDの一部をご覧ください

このDVDの3つの特徴

新設項目はもちろん、変更になった項目のポイントも解説

これを観るだけで、訪問診療を行う上で必須の改定項目と内容および注意点などが理解できます

介護事業所等との連携・報酬をわかりやすく整理

介護事業所等とWin-Winの関係が作れるようになるので連携が深まります

訪問診療に関する申請・届出の変更ポイントを解説

診療報酬改定に対応するために、今すぐにやるべきことが漏れなく把握できます

このDVDを観ることで得られることは…

  • これだけで、診療報酬改定のポイントと注意点が理解できます
  • 歯科訪問診療報酬の減少に対する対策が手に入ります
  • 介護事業所等との連携・報酬の概要が把握でき、利用できるようになります
  • 自分で診療報酬改定の内容を調べる手間と時間が省けます
  • スタッフと共有すれば、医療事務の効率化を図ることができます

などとなっています。

このDVDの収録内容をご紹介すると…

施設の口腔関連の報酬と動向

  • 口腔衛生の管理体制について

訪問診療料のシミュレーション

  • 20分以上の場合

1.在宅医療

  1. 歯科訪問診療料<歯訪>
    • 歯科訪問診療料
      • 例外① 同居する同一世帯のケース
      • 例外② 歯科標榜の保険医療機関への訪問診療
      • 例外③ 特定の関係にある保険医療機関等への訪問
    • 歯科訪問診療料と加算
      • 診療時間加算
      • 歯科診療特別対応加算
      • 緊急・夜間・深夜 歯科訪問診療加算
      • 地域医療連携体制加算
      • 歯科訪問診療補助加算<訪補助>
      • 在宅歯科医療推進加算<在推進>
      • 歯科訪問診療移行加算<訪移行>
      • 通信画像情報活用加算<ICT加算>
      • 在宅医療DX情報活用加算<在DX>
      • 歯科訪問診療時の処置・手術・歯冠修復・欠損補綴の加算
  2. 訪問歯科衛生指導料<訪衛指>
    • 訪問歯科衛生指導料
    • 同一建物と単一建物の違い
    • 単一建物診療患者とは
    • 単一建物診療患者の例外
      • ユニットが3以下のグループホーム
      • 複数病棟のある病院のケース
      • 同居する同一世帯のケース
      • 戸数の10%以下又は20戸未満のケース
      • 月の途中で人数が増えた場合(予定分)
      • 月の途中で人数が増えた場合(転居分)
      • 月の途中で人数が減った場合
    • 歯科衛生士の単独訪問
    • 訪問歯科衛生指導のレセプト記載内容
      • レセプト摘要欄記載事例
    • 義務文書『訪問歯科衛生指導内容説明書』
    • 複数名訪問歯科衛生指導加算<複訪>
  3. 歯科疾患在宅療養管理料<歯在管>
    • 歯科疾患在宅療養管理料
    • 歯科疾患在宅療養管理料の管理計画
    • 歯科疾患在宅療養管理料と加算
      • 文書提供加算<文>
      • 在宅総合医療管理加算<歯総管>
      • 在宅歯科医療連携加算<在歯連>
      • 在宅歯科医療情報連携加算<歯情連>
    • みなし歯在管
  4. 在宅患者歯科治療時医療管理料<在歯管>
    • 在宅患者歯科治療時医療管理料
      • 対象となる歯科治療
      • 在宅患者歯科治療時医療管理料の施設基準
    • 在宅患者歯科治療時医療管理料 算定の注意点
  5. 在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料<訪問口腔リハ>
    • 在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料
      • 施設基準による加算
      • 摂食機能障害を有する患者とは
      • 開始にあたって行うこと
      • 口腔機能低下症患者の場合
      • ケース別の評価と検査
    • 指導管理の内容
    • 摂食機能障害に対する訓練等
    • 在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料の管理計画
    • 在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料と加算
      • 在宅歯科医療連携加算<在歯連>
      • 在宅歯科医療情報連携加算<歯情連>
  6. 小児在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料<小訪問口腔リハ>
    • 小児在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料
      • 開始にあたって行うこと
      • 摂食機能障害に対する訓練等
    • 小児在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料と加算
      • 小児在宅歯科医療連携加算<小在歯連>
      • 在宅歯科医療情報連携加算<歯情連>
    • 管理計画の作成にあたっては
  7. 在宅歯科栄養サポートチーム等連携指導料<NST>
    • 在宅歯科栄養サポートチーム等連携指導料
  8. 在宅患者連携指導料
    • 在宅患者連携指導料
  9. 在宅患者緊急時等カンファレンス料
    • 在宅患者緊急時等カンファレンス料 200点
      • 情報通信技術を用いたカンファレンス

2.医学管理等

  • 周術期等の算定項目のイメージ
  1. 周術期等口腔機能管理計画策定料<周計>
    • 周術期等口腔機能管理計画策定料
      • 管理計画書の内容
      • 顎離断等の手術に係る注1に規定する管理計画を策定した場合
  2. 周術期等口腔機能管理料<周Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ>
    • 周術期等口腔機能管理料
      • 同月算定不可
    • 周術期等口腔機能管理料(Ⅰ)(Ⅱ)における口腔機能管理
      • 管理報告書
      • 患者の状況×手術を行う保険医療機関
    • 努力義務
    • 周Ⅲ、Ⅳの長期管理加算
    • 周術期等における口腔機能管理のイメージ(病院に歯科がない場合)
    • 周術期等における口腔機能管理のイメージ(病院に歯科がある場合)
      • 【医科点数表】診療情報提供料(Ⅰ)の歯科医療機関連携加算
  3. 回復期等口腔機能管理計画策定料<回計>
    • 回復期等口腔機能管理計画策定料
      • 管理計画書
  4. 回復期等口腔機能管理料<回管>
    • 回復期等口腔機能管理料
  5. 根面う蝕管理料<根C管>
    • 根面う蝕管理料
  6. エナメル質初期う蝕管理料<Ce管>
    • エナメル質初期う蝕管理料
  7. 診療情報提供料<情>
    • 診療情報提供料(Ⅰ) 250点<情Ⅰ>
      • 診療情報提供の対象と内容
      • 診療情報提供料(Ⅰ) 注6の加算
      • 検査・画像情報提供加算
    • 診療情報提供料(Ⅱ) 250点<情Ⅱ>
  8. 電子的診断情報評価料<電診情評>
    • 電子的診断情報評価料
  9. 診療情報等連携共有料<情共>
    • 診療情報等連携共有料
  10. 連携強化診療情報提供料<連情>
    • 連携強化診療情報提供料
  11. 退院時共同指導料
    • 退院時共同指導料1・2
      • ビデオ通話による退院時共同指導
      • 義務文書『退院時共同指導内容説明書』

3.検査

  1. 口腔細菌定量検査<口菌検>
    • 口腔細菌定量検査
  2. 咀嚼能力検査<咀嚼>
    • 咀嚼能力検査
  3. 咬合圧検査<咬合圧>
    • 咬合圧検査
  4. 舌圧検査<舌圧>
    • 舌圧検査
  5. 小児口唇閉鎖力検査<小口唇>
    • 小児口唇閉鎖力検査

4.リハビリテーション

  1. 摂食機能療法
    • 摂食機能療法
    • 摂食機能療法算定の注意点
  2. 歯科口腔リハビリテーション料3<歯リハ3>
    • 歯科口腔リハビリテーション料3

5.処置

  1. 歯周病安定期治療<SPT>
    • 歯周病安定期治療
  2. 歯周病重症化予防治療<P重防>
    • 歯周病重症化予防治療
  3. 周術期等専門的口腔衛生処置<術口衛>
    • 周術期等の算定項目のイメージ
    • 周術期等専門的口腔衛生処置
  4. 回復期等専門的口腔衛生処置<回口衛>
    • 回復期等専門的口腔衛生処置
  5. 在宅等療養患者専門的口腔衛生処置<在口衛>
    • 在宅等療養患者専門的口腔衛生処置
  6. 機械的歯面清掃処置<歯清>
    • 機械的歯面清掃処置
  7. 非経口摂取患者口腔粘膜処置<非経口処>
    • 非経口摂取患者口腔粘膜処置
  8. フッ化物歯面塗布処置<F局>
    • フッ化物歯面塗布処置

資料集

  • 介護事業所との連携と報酬
  • 介護サービスと口腔関連の項目
  • 保険薬局・訪問看護との連携と報酬
  • 保険医療機関との連携と報酬
  • 訪問診療に関する申請・届出の確認
  • 口腔管理体制強化加算の施設基準
  • 2024年度 診療報酬改定 訪問診療関連項目一覧
  • カルテ事例

などなど。

令和6年度 診療報酬改定対応 訪問歯科「診療報酬の研究」セミナー」への5件のレビューをご覧ください

  1. T.H.

    診療改定について、要点をまとめてくれて良かった

  2. J.I.

    介護事業所との連携・報酬の複雑な点も整理されてわかりやすかった

  3. T.T.

    訪問診療に特化した内容でわかりやすかった

  4. Y.M.

    難しい説明を噛み砕いて説明していただけ、分かりやすかった

  5. W.T.

    施設や他保険医療機関との連携関係がわかりやすかったです

このように、多くの方から高評価を得ている内容となっています。

詳細情報

講師

一般社団法人 日本訪問歯科協会 理事 前田実男

お届けするもの

セミナー収録DVD(1枚 約100分)
セミナー資料(A4版 143頁)
*内容、表紙デザインなどは、一部変更することがございます

安心の返金保証

万が一、あなたが、この「令和6年度 診療報酬改定対応 訪問歯科「診療報酬の研究」セミナー」をご覧になってまったく価値がないと思われた場合には、商品受け取り後、2週間以内に着払いでお送りください。お預かりした全額を10日以内にご返金することをお約束いたします。

返品のご連絡はこちらから>>

返金方法について

返品のご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

お預かりした金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。