終末期患者に訪問歯科衛生士ができること

講師:口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

¥39,800 (税込:¥43,780

安心の返金保証

商品コード: 47288 商品カテゴリー: ,

まずは、収録セミナーの一部をご覧ください

終末期患者さんの口腔ケアの要点

これまでは、来院患者が対象というのが歯科医療の中心でした。しかしこれからは「来院困難者」「在宅療養者」のもとに訪問する歯科診療や歯科衛生指導が増加していくと言われています。

それと同時に、今までの歯科は患者さんの死に関わらないと捉えられていました。しかしこれからは違います。歯科も患者さんの死に関わっていく必要があります。終末期患者さんやその家族との関わり、看取りへの関わりが増加していきます。

そんな中、終末期患者さんに重要なケアの一つに「口腔ケア」があります。終末期患者さんの口腔ケアは、単なる口腔の清掃ではなく、患者さんが最期まで食べられる口を維持するという大きな目的があります。そして、それこそが終末期患者さんの口腔ケアに携わる歯科衛生士の役目とも言えるのではないでしょうか。

また、終末期患者さんの口腔ケアでは、患者さん本人はもちろん、患者さんのご家族や看護師、介護士などの他職種とも協働していくことが重要になります。そこには、技術的な協力も必要ですが、患者さんの尊厳を守り、その方がその方らしく過ごせるように支援するための知識も必要になります。
さらに、患者さんがお亡くなりになった後の口腔のエンゼルケアも重要な役目になります。残された家族へ配慮しつつ、「質の高い死」に貢献することが求められています。

このDVDでは、終末期患者さんに訪問歯科衛生士としてできる心構えや注意点および具体的な知恵と技術をわかりやすく解説しています。

このDVDの収録内容の一部をご紹介すると…

Part1:終末期の口腔ケアとは

  • 終末期とは
    • 終末期への関わり方
  • 疾患別の終末期
  • 終末期における口腔ケアの目的
    • 誤嚥性肺炎への対応
    • 不快な症状の緩和
    • 食べられる口を維持する
  • 老衰とは
  • 癌終末期の看護ケアとは
  • 口渇・口腔乾燥への対応
    • 口腔乾燥によるトラブル
    • 口腔乾燥に対するアセスメント
    • 口腔内の保湿について
  • 実際の口腔ケア方法
    • 口腔乾燥へのアプローチ
    • 心理面への配慮
  • 在宅での看取りケア
  • 施設での看取りケア
  • 病院での看取りケア
  • 終末期までのプロセス
  • 死後処置とは
    • 死後の身体変化
  • エンゼルケア時のトラブル
  • グリーフケアについて
  • 遺族への対応
  • 症例
    • 余命1週間と診断されて
      • 退院から1年半後の看取り
    • 自宅で看取りますか?
      • なにを「食べたい」「食べさせたい」
      • 医原性サルコペニア
      • 非経口栄養がもたらすリスク
      • 歯科衛生士として
      • 現在も
  • 歯科衛生士に求められるもの
  • 歯科医師との連携
  • ケアの本質は「対人援助」
  • 看取りの現場において
  • まとめ

Part2:エンゼルケアとは

  • QOD(Quality of Death)
  • 口腔のエンゼルケアとは
  • エンゼルケアの前に
  • 口腔のエンゼルケアの基礎知識
  • 患者が亡くなって起きる変化
    • 口腔周囲に起こる変化
    • 腐敗への対応
  • 歯科衛生士が行なうグリーフケア
  • 遺族の心理とは
  • グリーフケアの種類と内容
  • 歯科衛生士へのグリーフサポート
  • 口腔のエンゼルケアの実際
  • 臭いへの対応が重要
  • 歯科衛生士が行なうエンゼルケア
  • 学び
  • まとめ

などなど。

このDVDを観ることで得られることは…

  • 終末期患者さんの口腔ケアの目的と方法がわかるので、患者さんのQOL維持に貢献でき、患者さん、ご家族、介護者などから厚い信頼を得ることができるようになります
  • ほとんどの終末期患者さんが抱える口のトラブル。これを解消できるのが歯科衛生士の強みです
  • 終末期患者さんの口腔ケアで注意すべきこと。これを知らずに口腔ケアをすると口腔粘膜を傷つけたり、出血を招いたりして、患者さんに苦痛を与えることになりかねません
  • 在宅、施設および病院における看取りケアで考慮すべきこととは?
  • 歯科衛生士ができるご家族への支援。ちょっとしたことですが、これをするのとしないとでは、ご家族の気持ちが大きく違います
  • 患者さんが亡くなられて、真っ先に対応すべきこと。訪問できない場合には、ご家族や介護者にお願いしておくことが大切です
  • 歯科衛生士に求められるエンゼルケアとは?
  • ご遺族への対応で注意すべきこと。ほんのちょっとしたことでご遺族を傷付けることを防ぐことができます。訪問歯科衛生士が身に付けておきたいマナー
  • 歯科衛生士だからこそできる、きめ細かい口腔のエンゼルケア。患者さんの「尊厳ある最期」をサポートすることができるようになります
  • エンゼルケアの前に確認しておくべきこととエンゼルケアの基礎知識
  • ご遺体の乾燥予防と腐敗を抑える具体的な対応方法。これを知っておくだけでも、いざという時に焦らずに対応できるようになります
  • 歯科衛生士に必要なグリーフサポート。看取りが「心のストレス」にならないようにする環境を整えておくことも重要です。そのような環境があれば、終末期患者さんに前向きに向き合うことができるようになります
  • 口腔のエンゼルケアのために準備しておきたい用具の数々
  • エンゼルケア時にご家族から「義歯を入れて欲しい」と依頼されたら?具体的な対応方法がわかります

などとなっています。

収録セミナー「終末期患者に訪問歯科衛生士ができること」参加者のレビュー

(15 件のレビュー)

収録セミナーに参加された方のレビューです。DVDをご覧になった方のレビューではありません。

  1. R.K. (承認)

    終末期患者様の口腔ケアの目的、ケアの方法が勉強になりました。死後処置に関する知識、口腔のエンゼルケアの基礎知識、ご遺体の対応法、全く経験がないので学べて良かったです。

  2. Y.Y. (承認)

    死臭に関する状態。口腔ケアの必要性。

  3. G.M. (承認)

    グリーフケアの話をとても詳しく聞けて勉強になりました。死後の口腔の状態も初めて知りました。

  4. Y.Y. (承認)

    患者さんの最後の時までケアできることがあるということを知って驚きました。

  5. N.K. (承認)

    終末期の患者さんに関わるということは、看とりに関わることも考慮しなければならないと学ぶことができました。エンゼルケア・グリーフケアでは生前に共有した時間を思い出しながら、故人やご家族に接するよう心がけたいと思います。

  6. Y.S. (承認)

    死後の口腔ケアというのは全く考えたことがなかったし、エンゼルケアが口腔内にも施されることを知りませんでした。私も最後の最後まで患者さんを看られるようになりたいと思いました。

  7. F.M. (承認)

    ハイターをエンゼルケアの口腔粘膜ケア等に使われるという話が意外でした。

  8. T.S. (承認)

    普段、あまり接することがない看取りの最後のケアについて知ることができました。もっと看取りについて勉強しなければと思いました。

  9. S.H. (承認)

    エンゼルケアの経験はありませんが、老衰していく方のケアはしていますので勉強になりました。

  10. M.S. (承認)

    なかなかエンゼルケアまでの経験がないが、ご本人、ご家族に十分配慮し最後の瞬間まで快適に穏やかに暮らしていただくお手伝いをさせて頂くという姿勢が大切だと強く感じた。

  11. S.M. (承認)

    エンゼルケアの実際については初めて聞く内容でしたのでとても勉強になりました。

  12. S.K. (承認)

    患者さんが最期の時を迎える時、自分はどうすればいいのか?患者さんやご家族様になにができるのか?ということを改めて考える機会になりました。

  13. K.S. (承認)

    ケアを行うことは「人間性」が問われていること、という話は興味深かったです。

  14. T.M. (承認)

    エンゼルケアだけでなく、グリーフケアについての内容も非常にわかりやすく、勉強になりました。

  15. M.O. (承認)

    こういう歯科衛生士が多くなることは良いことです。

このように、多くの方が新たな気づきを得られた内容となっています。

詳細情報

講師

口腔ケア支援グループ オーラルサポート 代表 和田ひとみ先生

お届けするもの

セミナー収録DVD(2枚約129分)
セミナー資料(A4版43頁)
*内容、表紙デザインなどは、一部変更することがございます
*発送は11月上旬の予定です

安心の返金保証

万が一、あなたが、この「終末期患者に訪問歯科衛生士ができること」をご覧になってまったく価値がないと思われた場合には、商品受け取り後、2週間以内に着払いでお送りください。お預かりした全額を10日以内にご返金することをお約束いたします。

返品のご連絡はこちらから>>

返金方法について

返品のご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

お預かりした金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。