平成30年度 訪問歯科 診療報酬改定速報レポートVer.3(A4版84頁)

¥1,000 (税込:¥1,080

商品コード: 42937 商品カテゴリー:

このレポートは、平成30年3月5日に出された厚生労働省告知第43号(診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示))及び保発0305第1号(平成30年度診療報酬改定について(通知))から、訪問診療に関する部分の改定点の部分をまとめたものです。

今回の改定は、訪問診療の分野において次のような特徴があります。

  • 訪問診療に携わる医療機関の施設基準により報酬の差が拡大
  • 居宅への訪問を推進
    • 一つの建物で1人のみを診る「歯科訪問診療料1」を手厚く
    • 20分未満の診療でも増点も
    • 外来で診ていた患者のフローを後押しする点数が新設
  • 歯科衛生士の報酬に変化
    • 訪衛指は単一建物診療患者の人数で異なる点数
    • 訪衛指の指導内容に「口腔機能の回復若しくは維持」が追加
    • 訪衛指以外に新たな点数の新設
  • 多職種との連携強化を推進
    • より地域に密着した在宅歯科医療を担う医療機関を明確化
    • NSTの対象が広がり、点数も増点
    • 訪問口腔リハにもNST加算が新設
  • 摂食機能障害への対応を推進
    • 指導管理の時間の縛りが緩和
    • 小児患者への訪問診療でのリハビリ項目が新設
  • 医科との情報連携共有の推進
    • 医科歯科の情報共有を評価する点数が新設
    • 周術期の管理対象となる手術が拡大
    • 在宅患者緊急時等カンファレンス料はビデオ通話での参加も可能

など等

このレポートでは、訪問歯科に関する診療報酬の改定項目ごとの点数や算定要件、施設基準、また介護保険の居宅療養管理指導の改定点についても知ることができます。

目次

  • 改定点の俯瞰図
  • Ⅰ.施設基準
    1. 在宅療養支援歯科診療所
    2. かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
    3. 院内感染防止対策に関する施設基準
  • Ⅱ.在宅医療
    1. 歯科訪問診療料
    2. 訪問歯科衛生指導料
    3. 歯科疾患在宅療養管理料
    4. 在宅患者歯科治療時医療管理料
    5. 在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料
    6. 小児在宅患者訪問口腔リハビリテーション指導管理料
    7. 在宅患者緊急時等カンファレンス料
  • Ⅲ.処置
    1. 在宅等療養患者専門的口腔衛生処置
  • Ⅳ.医学管理等
    1. 周術期等口腔機能管理
    2. 診療情報提供料(Ⅰ)
    3. 退院時共同指導料1
    4. 退院時共同指導料2 注3加算
    5. 診療情報連携共有料
  • Ⅴ.医科点数表
    1. 診療情報連携共有料
    2. 歯科医療機関連携加算
    3. 周術期口腔機能管理後手術加算
  • Ⅵ.介護保険(居宅療養管理指導)