摂食嚥下のメカニズムと摂食嚥下リハビリテーション

講師:NPO法人健口サポート歯るる 副理事長 平松満紀美先生

¥39,800 (税込:¥42,984

商品コード: 28393 商品カテゴリー: ,

まずは、収録セミナーの一部をご覧ください

「お茶やお味噌汁でむせるのです」と言われたら、どのように答えますか? まさか、「それは年のせいです」なんて答えないでしょう。でも、適当な言葉が見つかりません。嚥下のメカニズム(飲み込むときに何が起きているか)を理解すれば、リハビリのことをうまく説明できます。そして、多職種との連携も取りやすくなります。

セミナー参加者の声をお聞きください

収録したセミナーの内容の一部をご紹介すると・・・

  • 口腔機能を知る
    • 摂食嚥下のメカニズム
    • 解剖学の確認
    • 食形態の確認法
    • バナナを使う方法
  • 誤嚥のタイプ
  • 摂食嚥下機能のアセスメント
  • リハビリテーションのはじめ方
    • 摂食嚥下訓練法の注意点
    • 頭部拳上訓練
    • 舌突出嚥下訓練
    • 嚥下おでこ体操
    • 口唇、舌、頬のマッサージ
    • 舌訓練口外法
    • 舌訓練
    • アイスマッサージ
    • 氷なめ訓練
    • ブローイング法
  • ご本人、ご家族、多職種にうまく状況を伝えるポイント
    • 加齢による変化
    • 表情筋を知る
    • 現状評価とアドバイス
    • 栄養についての考え方
    • むせにくい食形態
    • 一口量のポイント
    • 送り込みが困難な方へのスプーンの使い方
    • 咽頭残留しているか知る方法
    • 交互嚥下の方法

などなど。
他にも盛りだくさんの内容となっています。

このDVDを見ることで、あなたが受けるメリットをあげるとするなら・・・

  • 歯科衛生士さんがプロの目で患者さんを見ることができるようになる
  • 自分の訪問先での口腔ケアがこれでいいのか確認できる
  • 医院の訪問診療の質が飛躍的に高まる
  • 訪問診療の現場で安心して働けるようになる
  • 単独訪問での口腔ケアの不安を解消できる
  • 患者さん、ご家族、介護スタッフの「なぜなの?」に適切に回答できるようになる
  • 復職したばかりの歯科衛生士さんの不安を解消できる
  • 多職種連携の窓口になり患者さんの紹介が増える
  • 歯科医師の先生が見ると、衛生士さんへの適切な指示のポイントがつかめる

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

収録セミナー「摂食嚥下のメカニズムと摂食嚥下リハビリテーション」参加者のレビュー

38件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、4.32
(38 件のレビュー)

収録セミナーに参加された方のレビューです。DVDをご覧になった方のレビューではありません。

  1. 5段階で 4 の評価

    Y. I.

    バナナでの食形態の確認は参考にします。透明カップの使用は実践したいです。

  2. 5段階で 5 の評価

    A. Y.

    苦手意識が出てしまう、筋肉のお話を興味がでやすく、分かりやすいようにお話していただけて、とても理解しやすかったです。

  3. 5段階で 5 の評価

    勝沼 智菜美

    笑いを含めた話の進め方が、とても面白かったです。患者さんの病態によって食具を変えたり、食事の配置を買えることが必要だと分かりました。

  4. 5段階で 3 の評価

    勝沼 稔

    口腔ケアを通して、寝たきりの老人の行動に変化が現れた話。

  5. 5段階で 5 の評価

    H. I.

    嚥下の事に関してまったくの初心者だったので、分かりやすく説明して頂けてよかったです。

  6. 5段階で 5 の評価

    Y. K.

    利用者さんのためにも自分のためにもやはり表情筋のストレッチはしっかり頭に入れておきたいなと思いました。利用者さんの症状に合わせて、すぐに対応できるようにしていきたいと思います。

  7. 5段階で 4 の評価

    坂口 豊

    経験に、基づくお話でとても参考になりました。

  8. 5段階で 4 の評価

    M. T.

    先生の訪問宅での家族さんとのやりとりはとても参考になります。

  9. 5段階で 4 の評価

    C. N.

    舌の落ちこみについて。その改善法や舌の筋肉の大切さが分かりました。

  10. 5段階で 5 の評価

    N. N.

    訪問歯科にたずさわってまだ2,3年なので興味深いお話ばかりでした。とくに印象に残ったのは、わずか5日間でお話が出来て元気になられた方のエピソードです。

  11. 5段階で 4 の評価

    K. Y.

    筋肉の名前・その動きが分かりやすかった。食べる飲み込むという動作にこんなに多くの筋力が必要されているのだと勉強になりました。

  12. 5段階で 4 の評価

    I. K.

    顎=腹筋を刺激すること。私達にはアンチエイジングの点から利用者さんには嚥下訓練の点から大きくかかわること・・・明日から舌の突出の難しい方に試してみます!

  13. 5段階で 4 の評価

    S. H.

    あらゆる方向から読み取っていくことの重要さと難しさを感じました。

  14. 5段階で 4 の評価

    N. H.

    衛生士学校を卒業してとても長い年月が経ちましたが解剖について本日少し学び、思い出す事、忘れていた事、あらためて興味が湧きました。

  15. 5段階で 5 の評価

    N. H.

    ケア・リハビリの時期・方法を間違えることのないように患者を診ることの大切さを再認識姉妹s多。貴重なご講演ありがとうございました。

  16. 5段階で 3 の評価

    T. K.

    口腔機能訓練

  17. 5段階で 4 の評価

    S. Y.

    リハビリの訓練の仕方が良くわかり、実践したいです。

  18. 5段階で 5 の評価

    A. K.

    解剖学では(アンチエイジングにたとえて話を聞くと理解しやすく楽しく学ぶことができました。

  19. 5段階で 5 の評価

    K. K.

    麻痺の肩の口腔内の機能をよく知る事が大切であり、その方に合った食形態や食膳のストレッチが大切なこと。エイジングケア

  20. 5段階で 4 の評価

    W. T.

    解剖などのいい復習になりました。バナナ食形態確認など参考になりました。

  21. 5段階で 3 の評価

    K. F.

    解剖学的に嚥下について、改めて勉強できて良かった出す。状態を見るだけでなく、何故なのか、どういう拝見があるのかを、しっかり考えてから取り組みたい。

  22. 5段階で 4 の評価

    S. S.

    摂食・嚥下訓練をするためにまず状況を把握する食事の介助していくうえでも要介護者の情報が必要状況提供とコミュニケーションがとても大事と思いました。

  23. 5段階で 4 の評価

    R. K.

    食事形態を変える場合の身体の目安を教えていただきとても参考になった。

  24. 5段階で 4 の評価

    E. M.

    具体的な例で説明してくださるので、わかりやすく実践にも役立つと思います。(サテライトではなかなか先生の実技が見えないのが残念...)

  25. 5段階で 5 の評価

    K. A.

    口腔ケア時のストレッチが分かりやすかったです。

  26. 5段階で 5 の評価

    寺床 加代子

    表情筋色んな筋のマッサージにより嚥下機能や咀嚼にも繋がっている事で実践に活かしていきたい。

  27. 5段階で 5 の評価

    K. I.

    舌の動きや、筋の動きの再確認が出来たこと、又、現場での患者様とのやり取りの中での気づきをお話していただけるのか会話など、参考になりました。摂食・嚥下の分野は分かりにくいセミナーが多かったですが、今回はとても分かりやすかったです。ありがとうございました。

  28. 5段階で 5 の評価

    A. O.

    嚥下のメカニズムや介護されるご家族への説明の仕方など、様々な工夫をされ、ケアーされているのが良く分かりました。アンチエイジングの話が面白かったです。話術の大切さも伝わりました。

  29. 5段階で 4 の評価

    N. S.

    今までの体験してきたお話がとても勉強になりました。

  30. 5段階で 5 の評価

    T. T.

    とても参考になりました。もっともっときいていたかったです。口腔内の清掃だけでなくこれからはもっと摂食・嚥下に関わり、問題を見極めてアプローチしていきたいです。ありがとうございました。

  31. 5段階で 3 の評価

    M. T.

    食形態の違いがとても分かりやすく活かしたいと感じました。患者様を想う視点や考え方がすごく勉強になります。

  32. 5段階で 5 の評価

    T. T.

    患者さんのご家族から「庭に季節の果実が実りました!」とメールが繰るような関係がとてもステキだと想いました。患者さんのご家族と協力して患者さんが喜んでくれるように、いっしょに試行錯誤できるような関係を自分も築きたいと想います。

  33. 5段階で 5 の評価

    田部井 紀子

    食形態など当然ながら、口から入れてあげる大切さを改めて実感しました。最後まで好きな食物を上手に摂って頂くお話がとても良かったです。筋力Up、リハビリは今後も沢山学んでいきたいと思います。

  34. 5段階で 5 の評価

    江原 延博

    ファミリーの協力が必要な部分が分かりやすかったです。

  35. 5段階で 5 の評価

    S. Y.

    摂食嚥下を新人さんに指導する立場になり、どのように何から教えていいか悩んでいましたが、平松先生の進め方は分かり易く、経験も含めてお話いただけたので、楽しかったです。

  36. 5段階で 4 の評価

    N. A.

    嚥下について、少しだけですが理解できました。まずは、姿勢が大切ということが理解できました。

  37. 5段階で 4 の評価

    M. O.

    マヒのお話が特にわかりやすかったです。

  38. 5段階で 3 の評価

    T. Y.

    マッサージの方法がわかりやすかったです。

詳細情報

講師

NPO法人健口サポート歯るる 副理事長 平松満紀美先生

お届けするもの

セミナー収録DVD(2枚)
セミナー資料(A4版)

安心の返品保証

万が一、あなたが、この「摂食嚥下のメカニズムと摂食嚥下リハビリテーション」をご覧になってまったく価値がないと思われた場合には、商品受け取り後、2週間以内に着払いでお送りください。お預かりした全額を10日以内にご返金することをお約束いたします。

返品のご連絡はこちらから>>

返金方法について

返品のご連絡後、事務局より返金確認書をお送りいたしますので、署名、捺印のうえ、返金の指定口座をご記入してご返送ください。

お預かりした金額をご指定の口座へお振り込みいたします。返金時の振込手数料はお客さまのご負担とさせていただきます。ご了承ください。